スマホで漫画のネームが簡単に作れる「World Maker」β版。少年ジャンプ+の作家デビューも夢じゃないぞ!

  • 5,133

  • author 岡本玄介
スマホで漫画のネームが簡単に作れる「World Maker」β版。少年ジャンプ+の作家デビューも夢じゃないぞ!
Image: Twitter

絵心がなくても問題ナシ!

集英社「少年ジャンプ+」編集部から、スマホで簡単に漫画のネームが作れてしまうウェブサービス「World Maker」のβ版が発表されました。

操作方法は、文字で脚本を書くと自動でコマ割りとフキダシが作られるので、約60万点から選べるパーツを配置し、完成したら公開する、という大まかに4つのステップです。

Video: JUMP COMICS CHANNEL/YouTube

約60万点の素材でオリジナリティーを出そう

背景や擬音を表すオノマトペ、集中線や魔法陣などの効果線、自分のスマホから写真も使えるべるだけでなく、いらすとやの素材でほのぼのとした雰囲気を演出することも可能。最近は漫画が描けずとも、原作者としてやっている人も多いので、頭の中にアイデアがある人はチャレンジしてみると面白そうですね。

210830_worldmaker2
Image: Twitter

クローズドβ版に参加できるチャンス

「World Maker」β版は9月22日から公開なのですが、9月8日から500人限定でお試しができるクローズドβ版に参加できるようになります。応募は9月5日まで、Twitter公式アカウントの@WorldMakerAppをフォローして、コンテスト概要ツイートをリツイートすればエントリーが完了。当選すれば、DMが届くようになっています。

漫画ネーム大賞開催

「World Maker」で作ったネームを応募し、大賞を取ると賞金やAmazonギフト券プレゼント、それに少年ジャンプ+で掲載されるチャンスもあります。画力でつまずいていた人には朗報ですね。

エントリーは「#WorldMaker」のハッシュタグを付けて画像をツイートするだけという簡単さです。気軽に作って応募したら、漫画の原作者になれちゃうかも?

ちなみに企画と制作は、株式会社カヤックとのこと。これで遊べば作家デビューも夢ではありませんし、普段からフツーに読んでいる漫画をより深く理解できることでしょう。趣味でSNSに投稿し続けても、いつか誰かの目に留まるかも?

Source: YouTube via Twitter

    あわせて読みたい