お手もお座りもできる。「Spot」は買えなくても小型AIロボット犬「XGO Mini 」なら買えるかも

  • 6,065

  • author 岡本玄介
お手もお座りもできる。「Spot」は買えなくても小型AIロボット犬「XGO Mini 」なら買えるかも
Image: KICKSTARTER

人の顔を見てマスクの有無も見分ける賢さ。

Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)社の犬型ロボット「Spot」は欲しいけど、さすがに800万は出せない…という方々に、最安プラン約2万1,700円で出資できる小型の「XGO-Mini」はいかがでしょう?

顔も声も動作も2次元コードも解析

XGO-Mini」は子犬サイズで12自由度の4足歩行型ロボ。「Kendryte K210」チップを使ったAIを搭載し、顔認識や顔追跡のほかに音声およびジェスチャーにも反応します。また色だけでなくQRコード、AprilTagマーカー、データマトリックスといった2次元コードも読み取るので、それらで指示を出して遊ぶことも可能です。

Video: I Love Crowdfunding/YouTube

グラグラ揺らしても安定するバランス感覚

運動神経もなかなかのもので、9軸の慣性計測装置と電流センサーの働きで抜群のバランス感覚を発揮します。なので、たとえば「XGO Mini Pro」を置いた箱を前後左右に揺らしても水平を保とうと踏ん張るんです。

210805_xgomini3
Image: KICKSTARTER

アプリでも遠隔操作

専用アプリからラジコンのように操作もでき、オープンソースでプログラミングも可能。なのでSTEM教育にも最適ですね。指のジェスチャーで伏せやお座り、ストレッチといったアクションもできて、ホントの犬みたいです。

Video: 祁乐/YouTube

中国には30万円以下で買えて一緒にジョギングや買い物に付き合ってくれる「Go1 air」がありますが、インドア派でコンパクトな犬型ロボが欲しい人には良さそうです。組立不要で、ボタンひとつで起動するお手軽さもナイスです。

安価なLite版もあるけれど

現在KICKSTARTERでは、AIと顔のディスプレイ非搭載でモーターやギアなどに廉価版のパーツを使った重さ450gの「XGO-Lite」というモデルが約2万1,700円。そして700gでハイスペックなパーツを各種使った「XGO-Mini」が約6万5,324円から出資できるようになっています。

「Spot」じゃデカすぎますし、プログラミングをせずともいろいろ遊べそうなので、ちょうど良い相棒になれそうですね。

Source: YouTube (1, 2), KICKSTARTER via hackster.io

    あわせて読みたい