結果的にコスパも良し。サステナブルでフードロスを解決してくれるのはミツロウラップかも!?

  • Buy
  • author 中川真知子
結果的にコスパも良し。サステナブルでフードロスを解決してくれるのはミツロウラップかも!?
Photo:中川真知子

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

無駄にしないって気分がいい。

サランラップの使用頻度を減らしたい。そう思って、使いかけの野菜などはタッパーに入れていました。

しかし、タッパーでは場所をとる上に、タッパーに入れたことを忘れて無駄にしてしまうことも…。

そこで手に入れたのがミツロウラップです。

サステナブルなラップ

SuperBee Beeswax Wraps(スーパービー ビーズワックス ラップス)の「ミツロウラップ」は、オーガニックコットン生地に蜜蝋とオーガニックココナッツオイル、ゴールデンツリーの樹脂を染み込ませたラップ3種類が入ったセットです。

Sサイズ(20×20 cm)/Mサイズ(26×26cm)/Lサイズ(33×33cm)の3種類が入っているので、用途によって使い分けられます。

B4F42FF8-F3BE-4A1A-8802-5CC92C2F9FF6_1_201_a
Photo:中川真知子

Lサイズはボウルに被せたり、パンを包んだり。

B4BB11F0-81E8-4E6A-8C10-6F4335D128B6_1_201_a
Photo:中川真知子

Mサイズは野菜やフルーツを包むのにピッタリ。今回はブロッコリーの茎の部分を保存しました。

EEE51954-0D1D-4BF6-B90D-4C90C612DBD5_1_201_a
Photo:中川真知子

Sサイズはチーズやおにぎりなどにちょうどいいサイズです。上の写真で包んでいるかぼちゃって、プラスチックラップで包むとくっついたり剥がしにくかったりしませんか?

ミツロウラップなら、そんなストレスともさよなら。

包めないものは、肉や魚などです。熱が加わると蜜蝋が溶けてしまうので、電子レンジでは使用できません。

汚れたら中性洗剤で洗うことが可能。冷たい水で流し、乾燥させたら再び使用可能です。

使い分けでフードロスを防ぐ

筆者は使いかけの野菜をミツロウラップで包み、残り物のおかずはタッパーに入れて使い分けをしています。

D437CC0D-9271-4D18-B0A0-C4BB69E110F9_1_201_a
Photo:中川真知子

これまで、どちらもタッパーに入れていたので、何が入っているのか把握できずに無駄にしてしまっていましたが、“ミツロウラップ=野菜(味噌汁の具)”などといったルールを作ってしまえば、フードロス防止につながります。

手作りパンの保存に

919FB4FE-9211-49DF-9157-9594878CCD5A
Photo:中川真知子

最近、焼いたパンをビニール袋ではなくミツロウラップで包んでいます。

ビニール袋に入れると湯気でグニャッとしてしまいました。一方、ミツロウラップは乾燥を防いでくれるのに、適度に湿気を逃してくれるからおいしい状態をキープできている気がします。

E20AF45C-CB1B-4972-807F-93314A8B0ED1_1_201_a
Photo:中川真知子

筆者はClassicalのデザインを選びましたが、「ミツロウラップ」は柄の種類が豊富なので、たくさん集めてもいいかもしれません。

お気に入りの色や柄のミツロウラップは、お弁当作りや冷蔵庫の整理など、面倒な作業に色を添えてくれるはず。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Photo: 中川真知子

Source: Amazon.co.jp

    あわせて読みたい