購入の参考に! iPhone 13とiPhone 13 Proの両者の違いをチェック!

  • 26,295

  • author 三浦一紀
購入の参考に! iPhone 13とiPhone 13 Proの両者の違いをチェック!
Photo:三浦一紀|ちなみに左がiPhone 13、右がiPhone 13 Pro

迷うよねー、うん。

発売されたiPhone 13&iPhone 13 Pro。もう買ったよーという人も多いでしょうが、どちらにしたらいいのか迷ってしまい、まだ悩んでいるという人もいることでしょう。わかる、わかるよー。そんな安いもんじゃないですからね。

そこで、どちらがいいのかわかんない! という人のために、実際にこの2機種を触ってみて、その違いをチェックしてみました。スペック表だけでは見えてこない違いって、結構あるんですよ。

iPhone 13とiPhone 13 Proの共通点

まずは両機種の共通点を見ていきましょう。

カクカクとしたデザイン

210924iPhone1313pro-02
左がiPhone 13 Pro、右がiPhone 13

iPhone 12から引き続き、角張った面ベゼルスタイルを採用。iPad Pro、iPad Airと共通のデザインとなっています。まあ、iPhone 4s時代を知っている人にとっては、懐かしいし、これはいいものだって感じるかも知れません(厳密には違うデザインなんですけどね)。実際に手に取ってみると、手にしっくりくるような気がします。まあ、個人の見解なんですけど。

MagSafe

210924iPhone1313pro-03
Photo: ヤマダユウス型

iPhone 13シリーズにはMagSafeに対応。ワイヤレス給電が行なえます。ただし、MagSafe充電器は別売りとなっていますので、必要な方は購入してくださいね。

防沫性能・耐水性能・防塵性能

両機種ともIP68等級の性能を備えています。水深6mで最大30分間の使用ができます。これだけの性能があれば、普段の生活でちょっと水をかぶったくらいなら大丈夫そうですね。

iPhone 13とiPhone 13 Proの異なっている点

まあ、見た目的には両機種ともそれほど違いはありません。でも、実際に触ると結構違いがあります。

質感・素材

210924iPhone1313pro-04
左がiPhone 13 Pro、右がiPhone 13

iPhone 13とiPhone 13 Pro、ディスプレイ面のコーティングはCeramic Shieldで同じですが、背面の処理が異なります。iPhone 13は表記上は「ガラス」、iPhone 13 Proは「テクスチャードマットガラス」となっています。

テクスチャードマットガラスは、表面が曇りガラス状になっていて手触りがちょっと異なります。iPhone 13がツルツル、iPhone 13 Proはサラサラといった感じです。

また、側面の素材も異なります。iPhone 13はアルミニウム、iPhone 13 Proはステンレススチール。アルミニウムはザラザラ、ステンレススチールはスベスベです。

この背面と側面の感触をまとめると、

iPhone 13:ツルツルのザラザラ

iPhone 13 Pro:サラサラのスベスベ

という感じ。持った感じは、iPhone 13のほうが手になじむかなと思います。

重さ

両機種とも、サイズは一緒。高さ146.7×幅71.5×高さ7.65mm。ディスプレイサイズは6.1インチ。しかし、重さは異なります。iPhone 13が173g、iPhone 13 Proが203g。その差30gです。これ、実際に手に取ってみると、重さの違いがわかります。微妙な違いというわけではなく、明らかにiPhone 13 Proのほうが重い。

これはもう、カメラユニットの違いから来てるのでしょうね。「スマホは軽さが命!」という方で、iPhone 13かiPhone 13 Proで迷っている場合は、iPhone 13一択でしょう。

ディスプレイ

210924iPhone1313pro-05
左がiPhone 13 Pro、右がiPhone 13

サイズは両機種とも6.1インチの有機ELですが、リフレッシュレートに違いが。iPhone 13は公開されていませんが、おそらく60Hz。一方iPhone 13 Proは最大120Hzとなっています。また、iPhone 13 ProにはProMotion機能を搭載。これは、画面の使用状況に応じてリフレッシュレートを変えるもの。これにより省電力にもつながります。

ゲームをバリバリやるぜ! という方や、動画を滑らかに見たいという方は、iPhone 13 Pro一択ではないでしょうか。

ストレージ容量

iPhone 13は、128GB、256GB、512GB、iPhone 13 Proは128GB、256GB、512GB、1TBというラインアップ。1TBモデルはiPhone 13 Proにしかありません。少しでも大容量を、という方はiPhone 13 Proいっときましょう。

カメラ性能

210924iPhone1313pro-06
左がiPhone 13 Pro、右がiPhone 13

ある意味、ここが両機種の一番大きな違い。背面のカメラ構成は、iPhone 13は広角と超広角カメラの2カメラ構成、iPhone 13 Proは望遠、広角、超広角カメラの3カメラ構成になっています。

ズームレンジは、iPhone 13が2倍光学ズーム・5倍デジタルズーム、iPhone 13 Proが6倍光学ズーム、15倍デジタルズーム。また、マクロ撮影、ナイトモードでのポートレートモード、Adobe ProRAW対応、望遠・広角でのデュアル光学式手ぶれ補正といった機能は、iPhone 13 Proのみ搭載しています。

一言で言えば、「カメラ性能重視ならiPhone 13 Pro一択」ですね。

動画性能

ビデオの撮影に関しての機能を見ていくと、望遠・広角でのデュアル光学式手ぶれ補正、最大9倍のデジタルズーム、最大4K・30fpsのProResビデオ撮影可能といった点がiPhone 13 Proのみの特徴となっています。なお、ProResビデオ撮影に関しては、128GBモデルは1080p、30fpsの制限がかかります。

iPhoneを使って映像作品を作りたいというのなら、断然iPhone 13 Proでしょうし、普段使いで手軽な撮影しかしないというのなら、iPhone 13でも満足できると思います。

価格

まあ、いろいろ書いてきましたが、最終的には価格で決めるぜ! という方も多いはず。いくら高性能でも高かったら買えません。費用対効果という点から見ても、「その性能に見合った金額か?」というのは重要です。

ということで、シンプルに比べてみます。

iPhone 13

128GB:9万8800円

256B:11万800円

512GB:13万4800円


iPhone 13 Pro


128GB:12万2800円

256GB:13万4800円

512GB:15万8800円

1TB:18万2800円



圧倒的にiPhone 13のほうがお求めやすい価格ですね。まあ、どちらを買ったらいいのかは、個人個人によるところが大きいかなと思いますが、個人的には性能と機能のバランスのいいところは、iPhone 13の256GB、またはiPhone 13 Proの256GBあたりかなーと思います

さあ、あなたはどっち?

Photo: 三浦一紀

    あわせて読みたい