壁掛けEcho、カメラ付きサウンドバー、Alexa対応カラオケマイク…29日午前1時(日本時間)に発表されるAmazon新製品は?

  • 6,047

壁掛けEcho、カメラ付きサウンドバー、Alexa対応カラオケマイク…29日午前1時(日本時間)に発表されるAmazon新製品は?
Photo: Florence Ion/Gizmodo US

新ガジェット祭りはもうすぐだ。

Amazon(アマゾン)の毎年恒例「最新のAmazonデバイス、機能、サービス」に関するイベントが9月28日(日本時間29日午前1時)に開催されます。

まず予想されるのは、本当に必要かどうかわからないAlexa対応のガジェットがたくさん発表されるということ。Bloombergの記事によると、Amazonは壁掛け式の大型スクリーンのEchoカメラ搭載のサウンドバー、そして新しいウェアラブル製品を開発したんだとか。

これらの中では、壁掛け式のEchoが一番発表される可能性が高そうです。

この新しいEchoは、15インチディスプレイを搭載していて、壁に取り付けたりスタンドに置くことができます。製品の詳細は以前からも囁かれていましたが、キッチンに取り付けて使うことを想定しているようです。料理をしながら動画を見るだけではなく、スマートホームのセントラルハブにもできるという発想ですね。またBloombergによると、Amazonはディスプレイ搭載型のEchoデバイスを拡充していくとのことで、これはユーザーがオーディオだけのスマートスピーカーよりも、ディスプレイ搭載型のスマートスピーカーに興味を持つ傾向があるからなんだとか。

他にはビデオチャット用の前面カメラを搭載したサウンドバーも発表される可能性があります。テレビにむかってビデオ通話がかけられるのなら興味をそそられる人は多そう。そういえばFacebookの「Portal TV」というデバイスとも発想が似ていますね(こちらはサウンドバーというよりウェブカメラですが)。

ちなみにサウンドバー自体はテレビのスピーカーの音質に満足できない人が購入するデバイスであり、Zoomとかでビデオ通話をしたい人が購入するものではないので、この製品の着眼点は面白いと思います。しかしながら市場に出回る最近のサウンドバーは、すでにデジタルアシスタントに対応しているものが多いため、Amazonは他社製品との差別化を図るためにカメラをつけたのかもしれません。ただしBloombergによると、このサウンドバーは世界的なチップ不足が出荷時期に影響する可能性があるかもしれないと指摘しています。

また、家庭用ロボットや、Alexa搭載のカラオケマイクも開発中とのこと。Amazonが昨年、フィットネストラッカー「Halo」を発売したことを覚えていますか(日本では未発売ですが)? 今年は続けて、子供向けのスマートウォッチ高齢者向けのスマートウォッチの開発を検討しているという噂もあります。高齢者向けのスマートウォッチには、Apple Watchやその他ウェアラブル製品にも採用されている転倒検知機能が搭載される予定です。さらに睡眠時無呼吸症候群を検知できるAlexaデバイスの噂などもあり、Amazonのヘルステック分野進出の意気込みを感じます。

どんなデバイスが登場するのか、楽しみになってきました!

    あわせて読みたい