エンタメも、仕事もぬるぬる。有機ELで120Hzの強キャラAndroidタブ 「Lenovo Tab P12 Pro」

  • 20,489

  • author 小暮ひさのり
エンタメも、仕事もぬるぬる。有機ELで120Hzの強キャラAndroidタブ 「Lenovo Tab P12 Pro」
Image: Lenovo

もうタブレットもハイリフレッシュレート時代。

タブレットって数年前はビューワーとしての印象が強かったデバイスですけど、近年はもう仕事もこなせるビジネスツールだったり、動画やゲームなどエンタメツールだったりと、オールマイティーな存在になりつつありますよね。

そんな時代が求めたオールマイティータブレットが、Lenovoから発表されたAndroidタブレット「Lenovo Tab P12 Pro」です。

有機ELで最大120Hzまで。リフレッシュレート可変

2021-09-09tabk01
Image: Lenovo

タブレットの顔となる画面は12.6インチの有機EL(2560×1600ドット)。注目ポイントは、用途に合わせてリフレッシュレートが可変するとこと。

ゲームなどでは120Hzのハイリフレッシュレートになり、逆にハイリフレッシュレートが不要なシーンでは60Hzに抑えられるそうな。そうね!常に120Hzだとバッテリー食うもんね。これは賢い。

また、107%NTSCの色域と最大600nitの明るさで、DolbyVisionやHDR10 +もサポートし、映像体験も鮮やかに。エンタメタブとしてこのディスプレイは強いですねー!

高速SoCにキーボードケースでバリバリ仕事できそう

2021-09-09tabk02
Image: Lenovo

スペック面でもかなりの強キャラです。

SoCはSnapdragon 870、メモリは最大8GB、ストレージ256GB。Wi-Fi 6にも対応していて、5Gモデルも用意されます。いい感じにキュンキュンなので、クリエイティブワークにも十分対応できそうな予感。

インプットに関しても、スタイラスペン「Lenovo Precision Pen 3」や、着脱式のキーボードケース(トラックパッド付き)も用意されます。キーボードはキーピッチ19mmでキーストローク1.3mm。Lenovoだし、キーにはコダワリがありそうなので、このキーには期待しかありません。長文書いてみたいな〜。

このタブレット、ワイヤレスディスプレイにもなる

「タブはタブで便利だけど、PCの利用も多いしな〜」という声も多いと思いますが、そんなPCユーザーにも満足できる機能が「Project Unity」という機能。

2021-09-09tabk03
Image: Lenovo

専用ツールをPCにセットアップすることで、PCと「Lenovo Tab P12 Pro」がワイヤレスで接続。セカンドディスプレイとして利用できます。もう一度言います。このAndroidタブレットはワイヤレスなセカンドディスプレイです

ただ画面を拡張するだけでなく、仮想ホワイトボードに描画したり、Androidアプリを同時に利用することもできるみたい。なんかもうOSとかハードウェアの垣根ってなくなってきてるんですね…。

こうして、ハードウェアの強さと、ソフトウェアの便利さを兼ね備えて最強に見えるLenovoのAndroidタブ「Lenovo Tab P12 Pro」、国内での取り扱いは未定ですが、北米ではWi-Fiモデルが609.99ドル(約6万7200円)と、わりと現実的に欲しくなるお値段。ちなみに、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)向け5Gモデルは899ユーロ(約11万7000円)となっています。

最後に機能紹介の動画をどうぞ。

Video: Lenovo / YouTube

オールマイティーだよねこれ?

Source: Lenovo

Lenovo Tab P12 Pro ほしい?

  • 0
  • 0
Lenovo

シェアする

    あわせて読みたい