Apple Watchは手の甲が見やすい? 視認性も上がるユニークな本革スマートウォッチベルト

  • 13,282

  • lifehacker
  • machi-ya
  • Buy
  • author Haruki Matsumoto
Apple Watchは手の甲が見やすい? 視認性も上がるユニークな本革スマートウォッチベルト
Image: sparkycreate

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

Apple Watchを筆頭に利用者も増加中のスマートウォッチ。

各種便利な機能を楽しみつつ、ファッションアイテムとして好みのベルトに交換している方も多いかと思います。そんな皆さんに本日はユニーク過ぎるスマートウォッチ用レザーベルトをご紹介。

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーンを開始した「Ergon Band」は時計の定位置である手首でなく手の甲に装備するベルトなんです。

しかも見た目だけの製品でなく、手首を返さずともウォッチフェイスが目に入るという使い勝手もアップする製品になっているようですので、早速詳細をチェックしてみましょう!

Video: ErgonBand-JP/YouTube

最小限の動きを追求した設計

l43
Image: sparkycreate

「Ergon Band」は一見すると派手なリストサポーターですが、スマートウォッチの利便性を上げるために開発されたレザー製のウォッチバンドです。

l03
Image: sparkycreate

製品自体のデザインに目を引かれますが、ウォッチ本体が親指の付け根あたりにくる設計がポイントのよう。

この配置によって手首を返すことなく自然な動きの中で文字盤を確認できるそうです。

G06
Image: sparkycreate

シーンとしては、ランニングやサイクリングなど屋外アクティビティ時に活躍してくれそう。

手首を返す動作自体は1秒にも満たない時間ですが、余計な動作無しに目視できるは運動中の負担低減に繋がるかも

G02
Image: sparkycreate

装着方法もベルトを通してボタン留めするだけで難しい点はなさそうです。

各種スマートウォッチに最適化済み

l09
Image: sparkycreate

「Ergon Band」は、すべてではありませんが各メーカーのスマートウォッチで使うことが可能になっています。

まずApple Watchユーザーには44mm/42mm40mm/38mmの2サイズをラインナップ。

l10
Image: sparkycreate

その他のスマートウォッチユーザーに対しては汎用的なバンド幅である20mm22mm26mmの3サイズに対応しています。

l20
Image: sparkycreate

左利きの方もご安心ください。しっかりと左右が反対になった左利きモデルも展開されていますよ!

l21
Image: sparkycreate

ちなみにウォッチ本体とバンドはボタンによる固定のため、充電時などもサッと取り外し可能。短時間であれば装着したままケーブルを繋ぐなんてこともできますね。

選べる3色展開

Ergonband
Image: sparkycreate

カラー展開はレザー製品では定番のブラックブラウンに加え、情熱的なレッドから選択可能。

7ea97085-90be-4d50-95bd-b3e7324da6b3
Image: sparkycreate

ワークアウトウェアに合わせて選んでみるものいいかもしれませんね!


使い勝手が向上する個性派スマートウォッチバンド「Ergon Band」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを開始中。執筆時点では25%OFFの21,352円(税・送料込み)からオーダー可能となっていましたよ。

トレーニング時のもっとスマートウォッチを便利に使ってみたい方など、気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

Source: machi-ya, YouTube

    あわせて読みたい