マイクロソフトが生かしているものまとめ #MicrosoftEvent

  • author 三浦一紀
マイクロソフトが生かしているものまとめ #MicrosoftEvent
Image: Microsoft

レガシー大事にするよね。

巨大なWindowsエコシステムを構築しているMicrosoft(マイクロソフト)。それ故に、結構昔から続いているものをそのまま生かしていることが多い印象です。

今回の新製品発表でも、「おお、これまだ残すんだ」というものがあったのでまとめてみました。

1. Surface専用端子

210923Microsoft00001
Image: Microsoft

Surface Proシリーズ、Pro Xシリーズ、GoシリーズにあるSurface専用端子。充電や専用ドッグ接続に使用する端子です。USB-C充電にも対応しているのですが、この端子は残しています。まあ、あればあったで結構便利なんですけどね。僕の持っているSurface Pro 7はUSB-C×1、USB-A×1という構成なので、充電をSurface専用端子に任せられるのは心強い。

2. ARM Windows

210923Microsoft00002
Image: Microsoft

実はSurface Pro Xは生産終了というわけではなく、ハードは据え置きでOSをWindows 11にしたバージョンが発売されます。ということは、ARM Windowsはまだ諦めたわけじゃないってことですね。

3. 海洋プラスチックの再生

210923-0100-1
Image: Microsoft

今回もマウスで採用されていましたが、海を漂うプラスチックごみ、いわゆる海洋プラスチックを再生して素材として使用する取り組みは続いています。エコに対する意識、高くて好き。

4. CUI(コマンドラインユーザーインターフェイス)

210923Microsoft00003
Image: Microsoft

Windows 11では、仮想マシンなしでLinuxのコマンドラインおよびLinuxアプリが使えるようになっています。アイコンをクリックしたりドラッグ&ドロップしたりする文化が浸透しても、キーボードからコマンドを打ち込んで操作することは捨てないようです。

5. フルサイズSDカードスロット

210923Microsoft00004
Image: Microsoft

最近ではノートPCやタブレットには、よくてmicroSDカードスロットが搭載されています。最悪、カードスロットがないなんてことも…。あったほうが何かと便利なんですけどね。でも、今夜発表されたSurface Laptop Studioでは、SDカードスロットがあるんです。これはありがたい!

6. 3:2アスペクト比

210923-0053
Imager: Microsoft

Surfaceシリーズって、画面のアスペクト比が3:2で統一されているんですよ。これはもう、Microsoftのこだわり、意地すら感じられます。16:9のディスプレイを搭載したノートPCなんてものも増えてきてますが、やはり3:2のほうが使いやすい。これを守ってくれているのはありがたい。

7. ペンとキーボードの別売り

210923-0033-1
Image: Microsoft

これは早急になんとかしてほしい! Surfaceシリーズって一見お買い得な価格に見えるんですけど、キーボードとペンって別売りなんですよ。しかもどちらも結構なお値段するんです。これをなんとかする方法としては、たまにキーボードが無料で付いてくるキャンペーンをやるときがあるので、そのタイミングを狙うことですね。

8.アルカンターラ素材

210923-0074-1
Image: Microsoft

Surfaceシリーズのキーボードの素材としてアルカンターラを採用しているモデルがあります。これ、高級感ありますし肌触りもいい(お値段も高い)んですけど、なんか汚れるんですよ。手首がこすれる部分がすぐ黒ずんだり、はげてきちゃったり。でも、アルカンターラはやめない。Microsoftの強い意志を感じます。


Source: Microsoft

    あわせて読みたい