レゴで義手を作るレゴビルダー、8歳の子どもにレゴ義手を提供する

  • 10,919

  • author 岡本玄介
レゴで義手を作るレゴビルダー、8歳の子どもにレゴ義手を提供する
Image: Guinness World Records

たった2,000円で義手が完成しました。

生まれつき隻腕のレゴビルダーが、両腕のない8歳の男の子にレゴの義手を作ってあげました。ギネス世界記録が、その様子を伝えています。

ギネス記録保持者が人助け

以前にも取り挙げたデイヴィッド・アギュラーさんは、Hand Soloの名で活動しており、9歳から始めた義手作りが元で、2017年に「世界で初めて機能するレゴの義手を作った人物」として記録を樹立しました。

今回、アギュラーさんのことを知ったフランスの夫妻が、8歳の息子ベクナー君のために義手制作を依頼し、ストラスブールからアンドラまで遥々1,300kmの距離を旅して来ました。

Video: Guinness World Records / YouTube

8歳の子に作られた「MK-Beknur」は、足でワイヤーを引っぱると開く単純な構造。ベクナー君は上手く使えることが分かると大喜び。その顔を見たアギュラーさんは、「もっと子どもたちの役に立てると自信を持てた」と話しています。

次からは3D印刷で作りたい

現在のアギュラーさんは生物工学技師を目指して学校に通っています。最新モデルはプログラム可能でサーボモーターが手指を動かすハイテク仕様の「MK-V」ですが、今後は3D印刷で新作を作ろうと考えています。世界中の誰もが買い求めやすいような義手作りを目指しているとのことですが、今回はそのスタートになりそうです。

レゴは前脚のない子犬の車椅子になったこともありましたし、無限の可能性を秘めていますね。

Source: YouTube, Guinness World Records via INTERESTING ENGINEERING

    あわせて読みたい