ライカの原点をレゴで再現。1914年製の名機「ウルライカ」がレゴ・アイディアに登場

  • author 岡本玄介
ライカの原点をレゴで再現。1914年製の名機「ウルライカ」がレゴ・アイディアに登場
Image: LEGO IDEAS

製品化への道は開けるか?

ドイツの技術者オスカー・バルナックが1914年に作った、Leica(ライカ)の原点「Ur-Leica(ウルライカ)」がレゴで再現され、LEGO IDEAS(レゴ・アイディア)でサポーターたちからの1万いいねを募っています。

Video: Pandis Pandus / YouTube

製作者はPandis Pandusさん。使われるブロックは205個と多くはありません。しかし、なるべく完全な再現を目指したので、重りになるブロックを仕込み、重量も近付けたというこだわりで、ダイヤル類も稼働しファインダーもオリジナルのように2:3の比率となっています。

寫眞機の歴史を変えたウア・ライカ

大きな写真乾板ではなく、35mmのシネフィルムを使い始め、それを定番化させたのがこのウルライカ。試作品として3台が作られ、2番目は紛失。1番目とレンズがない3番目はドイツのライカ博物館にあるとのことです。

210924_leica
Image: Leica

たとえ世界一の億万長者になったとしても、個人で所有することは不可能であろう1台ですが…レゴなら気軽に扱えますよね。執筆時は395日を残し、283人からのサポートがありました。カメラ好きならぜひとも製品化してほしいですよね。

Source: YouTube, LEGO IDEAS via MIKE SHOUTS, Leica
Reference: A POTELYT

ウルライカ ほしい?

  • 0
  • 0
LEGO IDEAS

シェアする

    あわせて読みたい