iOS 15最大の改悪ポイント「Safariのアドレスバー表示」を直す方法

  • 38,741

iOS 15最大の改悪ポイント「Safariのアドレスバー表示」を直す方法


アプデした?

9月21日、今日正式リリースのiOS 15。機能追加・デザイン変更された最新版iOSです。個人的には「集中モード」が1番気になっています。が、改善とは言いがたく、ベータ版からクレーム殺到していたのがSafariのアドレスバー(検索バー)の位置。位置が下になったうえに、ピョコピョコその位置が変わってイライラするとあまりに不評で、Appleも対応策を検討中と噂されていました。正式リリースでは、予定通りアドレスバー(検索バー)は下表示なのですが、これが嫌な人向けの救済策として、今までと同じ用に上に固定表示させるオプションも用意されています。

iOS 15アプデ済みで、アドレスバーを元に戻したい!という人。手順は以下です。

Safari内で変更する場合

アドレスバーの「aA(ぁあ)」をタップ→「上のアドレスバーを表示」を選択

アドレスバーを下表示に戻す場合は、再度「aA(ぁあ)」タップから下表示を選べます。

210921ios15safari01
Screenshot: Victoria Song/Gizmodo US

設定画面から変更する場合

設定→下スクロールで「Safari」選択→「シングルタブ」を選択

この場合、「Landscape Tab Bar」のオン・オフ切り替えも可能。オフにするとランドスケープモード(横持ち)でSafari観覧時はアドレスバーが消えます。

アップデートされた通りで下表示試してみるもよし、安定の上表示に戻すもよし。お好みでどうぞ。

    あわせて読みたい