リアルと思えばVFXで、VFXと思えばリアル。つまり『マンダロリアン』の特殊効果技術はすごい

  • 7,102

リアルと思えばVFXで、VFXと思えばリアル。つまり『マンダロリアン』の特殊効果技術はすごい
Image: ILMVFX/YouTube

こりゃわからん。

2021年第73回エミー賞でも多くの部門でノミネートされ、しっかり特殊効果賞を獲得したスター・ウォーズのドラマ『マンダロリアン』。去年も特殊効果でエミー賞とっているので、さすがの一言です。1番さすが!と思うのは、「これはセットだろう」「これはVFX(特殊効果)だろう」という素人の予想を完全に裏切ってくれるところ!

『マンダロリアン』の特殊効果担当Richard Bluff氏の解説つき、VFXの裏側がYouTubeで公開されています。

Video: ILMVFX/YouTube

『マンダロリアン』の世界を作るには、セットあり、ブルースクリーンあり、ロボットあり、パペットあり、撮影リアルタイムでバーチャルセットを体感できるLED装備(Volumeというそうです)あり、そして、スター・ウォーズ時代から続く昔ながらのスペースシップモデルあり。

CGだと思えばリアル、リアルだと思えばCG、はたまたリアルのモノをスキャンしてCGにコンバート。『マンダロリアン』ンの世界は、非常に複雑に作られていますね。これぞものづくりの集大成ですよ。

Source: ILMVFX/YouTube

    あわせて読みたい