トム・ハンクスが滅びた世界で犬とロボットと生き延びるApple TV+映画『Finch』

  • author 岡本玄介
トム・ハンクスが滅びた世界で犬とロボットと生き延びるApple TV+映画『Finch』
Image: Apple TV

今度のトムは気候変動でひとり取り残されました。

ハリウッド俳優トム・ハンクスの新作映画『Finch』が、Apple TV+にやって来ます。彼の役は10年以上も地下で掘削作業を行っていた男性フィンチ。太陽フレアの影響で地上の生物が絶滅するも、生き残った愛犬、そして自ら開発したロボットのジェフと共に新天地を探して西へと旅します。

Video: Apple TV / YouTube

生き残る男、トム

巨大な竜巻に追われ、65度の気温と強烈な紫外線から逃れようとキャンピングカーで西の山を目指すフィンチ。かつては無人島(『キャスト・アウェイ』)や飛行場(『ターミナル』)での孤独に耐え、現実世界ではコロナの感染から回復したタフガイのトム。今度は近未来の荒廃世界で生き延びることができるでしょうか? 本作は「人が生きる意味とは何か」を問う作品になっているようです。

『Finch』は11月5日より配信開始。ロボットは自分が逝ってしまった後、愛犬の世話をするために作ったのだとか。最後は泣けそうな予感がします。

Source: YouTube, Apple TV via HYPEBEAST

    あわせて読みたい