ボルボ傘下のEV「Polestar 2」に付いてくるCAKEの新しいEVモペッドがなんかイイ。2台を乗りこなしてCO2削減へ

  • 16,634

  • author 岡本玄介
ボルボ傘下のEV「Polestar 2」に付いてくるCAKEの新しいEVモペッドがなんかイイ。2台を乗りこなしてCO2削減へ
Image: cake

ホンダ・シティとモトコンポみたいな関係。

これまでアフリカのレンジャー用や、骨組みにバッテリー積んだだけって感じのEVバイクを作ってきた、スウェーデンのCAKE。彼らがまたしても超シンプルなEVモペッド「Makka」を発表しました。

Video: CAKE/YouTube

2種類の「Makka」

「Makka」には最高時速25kmで走行距離60kmの「Makka range」と、最高時速45kmで走行距離50kmの「Makka flex」の2種類が作られ、オプションなしの最低価格は約38万5000円と、約41万8000円で発売されています。

ムダが一切ないシンプルさって感じですが、太いフレームとタイヤも相まってイイ感じ。荷台にはいろいろ積めるので、ソバの出前にも良いかもしれません。

Polestarと手を組む

そんなCAKEが、同じくスウェーデンのEVメーカーでボルボ傘下のPolestarとタッグを組み、この「Makka」と「Polestar 2」をセットにして売り出すことになりました。

210910_cake2
Image: cake

さすがに折りたたんで車内に収納するほど小さくはないので、後部に取り付けるマウントが付属することになります。「Makka」は車重が55kg+充電池が11kgと比較的軽いバイクなので、大した負担になりません。

目的があって2台をセットにした

彼らの狙いは、4輪車は街の中心から離れた場所で安く駐車し、そこから2輪車に乗り換えてラスト1マイルを走れば、空気はずっとクリーンなまま…というもの。より多くの人たちがEVバイクで都市移動を行えば、世界中で渋滞排ガス汚染の削減に貢献するワケです。

Video: CAKE/YouTube

また「Makka」の走行後は、「Polestar 2」に繋いで充電ができる点も、電動車の利点を活かしているなぁと納得させられます。

今回2社が示した方向性は、今後の移動方法に一石を投じるものになるかもしれませんね。未来の私たちは、どんな風に移動手段を選んでいるのでしょうか?

Source: YouTube (1, 2) via cake (1, 2, 3, 4) via electrek

Makka + Polestar 2 ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい