さすがシンガポール…ついにパトロールはロボットにお任せへ

さすがシンガポール…ついにパトロールはロボットにお任せへ
Photo: Home Team Science and Technology Agency

人間の警官は最重要任務へ…。

おまわりさんって、街中を巡回しながらパトロールしているので、そう呼ばれるようになったそうですね。でも、そんな通常の巡回くらいだったら、ロボットで足りるなんて時代が、もうすぐそこまできているようですよ。

このほどシンガポールHome Team Science and Technology Agency(HTX)は、警察官の代わりに巡回パトロールをこなすロボットの「Xavier」を、中心部のToa Payoh Centralにてテスト中と発表。あらかじめ定められた巡回ルートを、カメラとディスプレイとAIパトロールしていきます。新型コロナウイルス感染症対策の一環で、もし密になって人が集まっていたり、自転車の違法駐輪などを発見したりすると、すぐさまネットワークでつながった監視センターへと通報。同時に警告メッセージをディスプレイへ表示し、市民のマナー向上につなげるとのことですね。

さすがにロボットに逮捕されるところまではいきませんが、通報によって、付近の警察官が現場に駆けつけたり、そのままロボット越しに監視センターの職員と通話がつながることもあるようです。あまりいかつさを感じられないからといって、侮ってかかっていたら、ロボットが発見した違法行為で、結局は反則切符を切られたり、罰金を支払わされたりする事態にだって発展しかねません。

実はシンガポール当局によるロボット活用は、これが初めてではなく、昨年のコロナ騒動の初期段階で、Boston Dynamicsの犬型ロボットの「Spot」を、公園内のパトロールへ投入し、ソーシャル・ディスタンスを保つように警告する取り組みなどが進められました。ドローンをフル活用したパトロールなども展開されており、監視社会への懸念も高まっているんだとか。ただこうしてロボットやドローンを使うことで、人間の警察官は、もっと高度な対応を要求する分野へ集中できるため、おおむね現場では好評でもあるようです。そのうち日本でも、こんなロボットがおまわりさんの代わりになる日がやってくるかも~。

Source: Home Team Science and Technology Agency

    あわせて読みたい