ドリンクが冷めにくい&風味そのまま! Feijianのチタン製プレミアムボトルでコーヒーを飲んでみた

  • 8,124

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 本藤美咲
ドリンクが冷めにくい&風味そのまま! Feijianのチタン製プレミアムボトルでコーヒーを飲んでみた
Photo: 本藤美咲

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

仕事中の気分転換にも、アクティブに外へ出かけるときにも。ボトルに入れたドリンクで、ホッとひと息つきたいとき、ありますよね。

でも、時間をかけて飲むと、最後のほうには温度も味も変わっているような。もっと長〜く「おいしさをキープできたら…」なんて考えたこと、ありませんか?

そこでご紹介したいのが、Feijian(フェイジャン)のチタン製プレミアムボトル。現在machi-yaで実施中のプロジェクトでは、「取っ手付きチタンボトル」と 「コップ付きチタンボトル 」の2種がリターンとして用意されています。今回は、取っ手付きタイプのサンプルをお借りして、実際に使ってみた感想をお届けします!

淹れたときと変わらぬおいしさに感動

真空二重構造により、空気の層が保温・保冷機能を果たすこちらのボトル。チタンの性能により、温度だけでなく味や香りもそのままキープしてくれるスグレモノです。

今回は、これからの寒い季節に飲みたいホットコーヒーを入れて、保温効果を試してみました。同時にコーヒーカップにも注いで、30分後に飲み比べてみると…。

C4348C31-B93C-4EA5-BBC4-0E4D1199DB11
Photo: 本藤美咲

コーヒーカップの方は味も香りも変わってしまっていて、やはり「冷めないうちに飲まないとおいしくないな…」という印象。一方、Feijianのチタン製プレミアムボトルは、蓋を開けた瞬間に淹れたてと変わらぬ香りが立ち上ってきて驚きました!

香りに誘われるまま飲んでみると、温度・味も淹れたて同様をキープ! このボトルに入れておけば、時間をおいて少しずつ飲むときでも最後までおいしく飲めそうなので、外出時だけでなく家の中で作業する際のお供にしたいと思いました。

加えて、実際に手にしてみると驚きの軽さだったのも触れておきたいポイント。強度は十分ながら、チタンの重量は鉄やステンレスの約60%とされます。

本体重量はたったの約225gなので、毎日家から飲み物を持ち出したい方や、荷物を軽くしたい方にもうってつけと言えそうですね!

天然の抗菌効果で安心!

IMG_1306
Photo: 本藤美咲

チタン素材の特長、そのひとつに挙げられるのが抗菌効果です。チタンは空気に触れると酸素と相互作用して、二酸化チタンのナノコーティングを生成。こちらには、細菌の繁殖を防ぐ強力な抗菌効果があるとされます。飲み物を持ち運ぶ上で、心強い特長ですよね。

ダイヤモンド加工などのディテールにも注目

キズや指紋が付くことを気にせず使えるよう、ボトル表面にはダイヤモンド加工(※)による模様が施されています。

※チタンを約1,000℃から冷却することにより、表面に模様が生まれる加工のこと。

feijian
Photo: 本藤美咲

上に掲載したのは、ボトル表面を撮影したGIF動画です。

光の当たり方によって、独特な模様がきらめいているのがお分かりいただけるでしょうか? 他の荷物とカバンにしまったり、屋外など凹凸の多い場所に置いたりしてもキズが目立たず、気兼ねなく使えそうです。

AD165FAC-5B43-40ED-8818-A5AE6512FF53
Photo: 本藤美咲

ブラウン系の色味でさり気なく入れられたロゴも落ち着いた雰囲気で、どなたでも使いやすいスタイリッシュなデザインだと思います。

C78C48BF-2B02-4428-A297-B59005E4675F
Photo: 本藤美咲

フタにはパッキンが設けられていて、ドリンクがこぼれにくくなっているのも嬉しいポイント。

70E500C9-5D9A-4C3F-A32C-645BE58D5F0C
Photo: 本藤美咲

今回使用した取っ手付きタイプは、フタ上部にフックが付いています。屋外で手が離せないときや置き場所に困るときなどに、このフックで吊り下げておけるのも便利ですね。

5E95BDCC-A7DB-4D00-BC9A-00F674931939
Photo: 本藤美咲

飲み口部分は、小さめのロックアイス程度なら引っかからずに入れられるサイズ。ご自宅の製氷機サイズの氷も問題なく入れていただけるでしょう。

9E38E848-41BD-4C6F-B0C6-BE3C5970FC46
Photo: 本藤美咲

飲み物をこぼさずに注ぎやすいところも、広口の利点だと感じました。

塩分に強いチタン製なので、温かいスープを持ち運べるのもいいところ。小さめの具であれば入れるときも飲むときもスムーズだと思います。

部品が少ないぶん、洗う手間がかからないのも嬉しいポイントです。


ステイホームから、仕事や遊びで少しずつ出かける機会を増やしていけそうな今日この頃。個人的には、アウトドアのお供としてチタン製プレミアムボトルを存分に使ってみたいと思いました。

現在machi-yaで実施中のプロジェクトでは、「取っ手付きチタンボトル」が 17,840円(消費税・送料込み)、 「コップ付きチタンボトル 」が19,550円(消費税・送料込み)から支援可能。どちらも、一般販売予定価格から15%OFFとお買い得です。以下のページから、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

Photo: 本藤美咲

Source: machi-ya

    あわせて読みたい