AirPods Pro/Max がAppleの「探す」ネットワークに対応。これまで以上に見つけやすくなった

  • 6,853

  • author はらいさん
AirPods Pro/Max がAppleの「探す」ネットワークに対応。これまで以上に見つけやすくなった
Image: Apple

かなりの良アップデート。

iPhoneやiPad、MacなどのApple製品を探すのに便利な「探すアプリ。先日配信されたファームウェアアップデートにより、これまで以上に簡単にAirPods Pro/Maxを探せるようになりましたよ!

AirPodsはこれまでも「探す」アプリを使って最後にデバイスと接続された位置情報を確認したり、イヤホンから音を鳴らすことはできました。しかし、先日配信された最新バージョン(4A400)から「探す」アプリを使って以下の機能がAirPods Pro/Maxでも使えるようになりました。

AirPods Pro/Maxの場合

・位置情報の表示

・探す - この周辺

・サウンドの再生

・紛失モード (紛失としてマーク)

・検出時に通知

・手元から離れたときに通知

デバイスが手元から離れた時に通知してくれる忘れ物防止機能は、万が一AirPods Proを公園やレストランなどに置き忘れたときでも安心ですね。

また、「探す」ネットワークに対応したことで、これまで以上にAirPods Pro/Maxを探しやすくなったのは事実ですが、ここで1つ注意しなければいけないことも。

なくしやすいApple製品の1つでもあるAirPods Proが「探す」ネットワークに対応した安心感よ...。 Image:iOS


Image:iOS

「探す」ボタンを押すとこのようなアニメーションが流れます。しかし、Bluetoothを使って端末同士の位置情報を把握するため、デバイスを認識するまで少し時間がかかりました。

Image:iOS

AirTagのように「あと何m」といった表示は出ません。耳を澄ませてイヤホンを探しましょう。

AirPods Pro/MaxはU1チップを搭載していないため、数cm程度までの正確な位置情報を把握することはできません。iPhoneからAirTagを探す時のようなアニメーションは流れますが、AirPods Proを探している時に「近いです」と表示されたら、よーく耳を澄ませて探しましょう。

世界中で日々使用されている数億台のApple製品が探すお手伝いをしてくれる「探す」ネットワーク。これでまた大事な持ち物を失くす心配が1つ減りましたね(来週のイベントでU1チップ搭載のAirPods発表されないかな...)。

Source: Apple

    あわせて読みたい