SNSからメタバースへ。FacebookがFacebookじゃなくなるかも

  • 5,798

  • author そうこ
SNSからメタバースへ。FacebookがFacebookじゃなくなるかも
Image: Sean Gallup/Gettyimages

ありだと思います。

ネタ元のThe Vergeが、Facebookが来週にも社名を変更する予定だと報じています。ガジェット好きは、Apple、Google、Samsungと今週忙しかったわけですが、では来週何があるのかというと、Facebookの年1カンファレンス「Connect」。10月28日に開催予定です。社名変更はこのカンファレンスにて発表、もしかしたらカンファレンスを待たずに発表される可能性もあるとのこと。

どうして社名を変えるのか?

本当にFacebookが社名を変更するならば、その理由は大きく2つ。まずは、Facebook創設者であるマーク・ザッカーバーグ氏の考えるこれからの企業のあり方を体現するため。ザッカーバーグ氏は、近年、メタバースについてアツく語っており、7月にThe Vergeに掲載されたインタビューでもこう発言しています。

「ソーシャルメディア企業からメタバース企業へと人々が我々と見る目を効果的に変えていきます」

ユーザーの繋がり、活動、コミュニケーションをより活発かつリアルにする世界として、確かにメタバースはソーシャルメディアの先にあるものなのでしょう。SNSよりももっとどっぷりつかって、生活すらできちゃうような空間。これを目指すには、確かに「Facebook」という会社名は、あまりにもSNSの色がついてしまっているのかもしれません。

次に、単純に再ブランディングしたいという理由。ユーザーデータリークや、セキュリティよりも利益を優先するという内部告発がでたりと、Facebookのイメージは落ち続けています。一時期、退会や利用停止がちょっとしたブーム(?)になったほど。がっつり悪いイメージがついてしまった時、名前そのものを変えてしまうのはよくあることです。あとは、Facebook、Instagram、WhatsApp、Oculusと多方面に展開する事業を、新たな社名(各事業とかぶらない名前)下でまとめて、全体的に整理整頓しなおすという意味でも、再ブランディング効果はあるのでしょう。あ、過去には人工衛星インターネットプロジェクトもやってましたね、とにかくやりたいことが多いんです。

多プロジェクトを抱える企業の社名変更といえば、真っ先に浮かぶのがGoogleとAlphabet。Google関連企業の持ち株会社として設立されたAlphabet。みんなの言うGoogle(=検索エンジン、ネット広告、Googleマップやカレンダーのなどのサービス、PIxel端末など)はAlpabetの子会社となりました。Facebookがもし社名を変更するならば、このGoogle的方法になるのでしょう。

となると、SNSのFacebookはやっぱりそのままFacebookだろうし、その上にくる親会社の名前は何になるのでしょう。来週にも名称変更の報道はあるものの、その名称が何なのかはリークなし。てことは…、大喜利スタート!

Source: The Verge

    あわせて読みたい