【発表会まとめ】Google純正チップのPixel 6がいろいろすごかった! 翻訳とか写真とか、使える機能満載 #Pixel6Launch リアルタイム記事

  • 41,873

  • author 西谷茂リチャード
  • satomi
【発表会まとめ】Google純正チップのPixel 6がいろいろすごかった! 翻訳とか写真とか、使える機能満載 #Pixel6Launch リアルタイム記事
Screenshot: Google

2021年ガジェットの秋、Googleのターン。

Appleスペシャルイベントが終了したところですが、先程Googleもイベントを開催! この記事では、発表イベントをリアルタイムで追いかけ、随時更新していました。

そろそろです!

google

2021/10/20 1:58

さーてやってきましたGoogle自製「Tensor」の朝。Google Pixel 6 Pro搭載が噂されるチップ。早期ベンチでは早くもSamsung Galaxy S21に肩を並べる高性能という情報も入っています。その実力やいかに?

本日の発表予想

・Pixel 6と6 Pro。確実。ハードウェアまでもうリークしちゃってるので中身のマジックに注目ですね。Googleだけに。

・折りたたみスマホのPixel。存在するならば、その片鱗は発表されるかも

・ワイヤレスチャージャー(分解動画は削除されちゃったけど)

・次期Android

実機、発表前に出しまくりでしたもんね。出し惜しみしないのがGoogleです。

導入は、アジア系女性のモーニングルーティン映像から

211020-0004-17
211020-0004-19

スマホかざして、電車に飛び乗って、おまんじゅうをぱくっ、 な朝の風景。

路上では、女性の犬に、「こっちおいで」って日本語で話しかけるおっちゃんが登場。Googleに、日本語→英語へ一瞬で翻訳させた!!!!! (そろそろわれわれ翻訳者は廃業のようです…)

解禁!

211020-0004-30
211020-0004-101
211020-0004-116

Pixel 6、美しい… Google Tensorも美しい…(Gマークしか見えないけど )。

AIのブレイクスルーをPixelにもちこむチップ。音声認識は自然言語、会話をそのまま拾えます。

スマホカメラも進化して、肌の色に合わせて調整までしてくれるそう。

さて、まずはPixel 6開封の儀

211020-0007-9

センサもレンズも改善。

Android 12のUIデザインは、「Material You」のルールでデザインされています。

カメラのでっぱりは、帯状になっていて「Pixelカメラバー」という名前がついているそう。

211020-0007-106

あ、気になるお値段599ドルは本当でしたね!

続きましてPixel 6 Pro

211020-0007-126

無印の通常レンズと広角レンズに加え、Proモデルは望遠レンズもプラスされていて背面3眼ですね。

超広角のフロントカメラは4K動画も撮れます。

211020-0007-140

6.7"ダイナミックディスプレイ 10-120Hzでぬるぬるスクロール!

カラバリは3つ。無印のほうがツートンカラーで遊びココロあるかなぁ。

Pixel 6 Proの方は、価格899ドルです。

211020-0007-356

サイズを比べると無印は6.4”でProは6.7”ですね。そして、無印は90Hz、Proは120Hzという違い。

211020-0007-396

Pixelはリサイクルのアルミで、筐体もリサイクル素材にこだわっています。

Material You

211020-0007-452

Pixel 6に合わせて開発されたAndroid 12とMaterial You。

211020-0007-456

カラーは壁紙から色を抽出して、それをシステム全体に適用できるそうです。

211020-0007-477

ホーム画面のウィジェットも充実しました。

Pixel 6新搭載「Tensor Security Core」

211020-0009-21

これは、機密性の高いタスクやコントロールの処理をするもので、チップに内蔵となっています。

セキュリティ専用チップ 「Titan M2」

211020-0009-28

さらに、それとは別に「Titan M2」というセキュリティ専用チップも入っていて、こちらはPINコードやパスワードの処理が専門。

セキュリティのアップデートは5年間続くそうですよ。 3年、4年ときて、今度は5年。だんだん長くなってます。

「これも、新しいチップがあればこそ!」との説明。ほかのAndroidフォンは基本的にQualcommチップで、もっと短いですからね…わぁ、差がつくなぁ…。

セキュリティハブ

211020-0009-62

ここはパスワードのアップデート、PINコード追加などをするよう警告が出るところですね。

211020-0009-78

カメラや、位置情報にアクセス中のアプリもここで確認できます。

211020-0009-95

Android 12には「Private Compute Core」というソフトウェアもあり、ローカルのAI処理はここで行ないます。

211020-0009-112

「最強のセキュリティを誇るPixel」との自信を見せています。

Googleカスタムメイドのチップ「Tensor」

211020-0009-121

「モバイルチップはどれもGoogleの研究のスピードについてこれなかった」ので自分たちで開発することにしたそうです(ふむ)。

211020-0011-22

Googleといえばクラウドの機械学習が強みでしたけど、それを実機に持ち込むのが「Tensor」っていう位置づけですね。

211020-0012-27

CPUは2+2+4で、GPUは20コア。

Pixel 5の「Snapdragon 765」と比べてどれくらいの性能差なんでしょうね?

続いてカメラ!

211020-0014-32
211020-0014-26
211020-0014-23
211020-0014-40

メインカメラのセンサは1/1.3" 50MP。巨大です……。

Pixel 5の2.5倍の光をキャプチャできます。

Pixel 2以来のアップグレードになりますね。

211020-0014-67

超広角は12MP、望遠は48MP。

211020-0014-77

望遠の4倍というのは光学ズームで、Googleのアルゴリズムで20倍までズームインできます。

211020-0014-106

写真のコンピュータ処理を動画で行う工 夫もいろいろ施されているそう。

魔法の消しゴム、マジックイレイサー

211020-0016-27
211020-0016-31

マジックイレイサーは、背景で消去した方が良さそうなところをサジェストする機能。余計な人が写ってると、こんな風に反転して消してくれるの。

便利! 類似のアプリはピンチですな…。

Face Unblur機能

211020-0016-132

ぼやっとした顔もクッキリ補正する機能です。

Pixelでは、「顔だ!」と認識すると、広角カメラが高速で撮ってかけ合わせてくれるんだそう。

新カメラモード「Motion Mode」

211020-0016-196
211020-0016-200
211020-0016-205

一眼レフのパニングと長時間露光撮影をシミュレートしてくれる機能です。

動いてる被写体の背後を流れるようにしたり、滝を長時間露光にしたりできます。

Snapカメラをロック画面に表示できます

211020-0016-229

プレゼンターにSnap社のCEO、Evan Spiegelが登場。

スマホ背面ダブルタップでSnapカメラ起動。アンロックしなくてもOKです。

211020-0018-4
211020-0018-36

ARフィルターと翻訳機能が使えるのはこれだけ。もはやスナチャスマホと呼んでいいほどの入れこみよう(CEOがくるわけだ…)。

肌の色を補正する新機能「Real Tone」

スクリーンショット2021-10-203.06.55

アルゴリズムのバイアスを取り除く努力もしたらしく、実現にあたっては専門家と写真家の有識者パネルと協働しました。

211020-0018-145
211020-0018-141

最近のスマホカメラは肌の色を白っぽく補正しがちだけど、ただ白くすればいいってわけじゃなく、あまり白くすると不自然になることもあります。その辺を考慮しながら、自動露出の補正をがんばったそうな。

211020-0018-215

「今あるカメラでもっともインクルーシブ」とのことです 。

Googleフォトでは、このアルゴリズムも自動補正機能に組み込みますよ。

続いて入力のお話

211020-0018-232

「音声から文字起こし」はGoogleの得意領域ですけど、またまたこれでリードを広げそうです。

211020-0018-296

テキストはもちろん、絵文字入力も言いつけるだけで貼り付け完了。

タッチ入力とGoogle Tensorのパワーを使った音声入力をデモしてます。

211020-0020-22

お店に電話かけるときには、予想待ち時間まで表示。

「Tensor」によって、必要な処理がオプションで表示されるので、ややこしい処理もワンタップで済ませることができます。

リアルタイム翻訳機能

211020-0020-111

続いて、日本語にも対応すると噂のLive Translate=リアルタイム翻訳機能。

211020-0020-81

Pixelに向かって話した英語の音声が、日本語の文章に置き換わっていってます!

多数のチャットアプリに導入できるみたいです。

また、視聴中のビデオからでも音を拾ってリアルタイム翻訳が可能。

「あらゆる音源の音声をリアルタイムで翻訳できます」

AR翻訳も

211020-0020-90
211020-0020-92

標識にカメラをかざすと、翻訳してくれる。これはGoogle Lensに前からあるAR翻訳ですね。

新通訳モードは48カ国語に対応しています。

ライブ翻訳デモに「こんまり」こと近藤麻理恵さん登場

211020-0020-110
211020-0020-139

「ときめく人生」も「thrilling life」と置き換えてますね。まるで申し合わせたかのようだわ。

「言語の壁は低くなるばかり」と言って、デモは終わりました(われわれの仕事もちいさくなるばかりですわ… 通訳者のみなさん、ここは穴があくほど見てくださいね!!! )。

おしまい!

211020-0020-191

はい、というわけで、新型Pixel 6と6 Proは今すぐ予約開始、10月28日発売! 以上です!


YouTubeでは、Pixel 3から毎年レビューしているリチャード&iPhoneユーザーの吉岡コンビが発表会を見ながらライブ配信していました。発表会のノリを楽しみたい方は、ぜひアーカイヴも見てみてくださいね。

Video: ギズモード・ジャパン / YouTube


    あわせて読みたい