iPad miniはゲームボーイ的に遊べて働けるタブレット

  • 19,991

  • author amito
iPad miniはゲームボーイ的に遊べて働けるタブレット
Photo: amito

iPad mini(第6世代)を購入して数日。ふだん僕が使っている様子がこちらです。

20211014_6

遊んでいるように見えますが、実はこの体勢で仕事のメッセージへの返事や、原稿の下書きを書いています。もちろん雑誌を読んだりTwitterしながらYouTubeを見るのもこの状態。

20211014_5

子供の頃ゲームボーイで遊んでいた時と同じ格好。薄くて軽いから、このスタイルで永遠に過ごせてしまいます。散々言われていますが、miniの魅力がこのサイズ感にあるのは間違いありません。

iPad ProをやめてiPad miniにした理由

20211014_7

僕がiPad miniを選んだのは「仕事をしたくならないiPad」が欲しかったからです。

これまではiPad Pro 11インチ(2018)を使ってきました。今思えば、僕は「プロ」という言葉に縛られすぎていたのかもしれません。

「iPad Proなんだから、これでパソコンみたいに仕事ができるはず!」

そう思ってiPad Proを工夫して活用してきたつもりなのですが、パソコンと同じように使おうとすると効率が悪いのはiPadOS 15になっても変わりません。iPadなみのバッテリー持ちや発熱がほとんどないM1 MacBook Airを使い始めたこともあり、どんどん仕事でiPad Proが活躍することは減っていきました。

だったらいっそのこと小さいiPadにして、徹底的にエンタメに使ってやろうと思ったのです。

20211014_3

結果、miniにはいい意味で裏切られました。エンタメはもちろんですが、思いのほか仕事ができてしまうのです。

SlackのメッセージやSafariでの調べ物、執筆のようなテキスト作業ならけっこう捗ります。仕事をしたくならないiPadが欲しかったのに、こういう作業のモチベーションが湧いてくるのが不思議。

これはおそらく、画面を左右分割する「Split View」とフリック入力ができる「フローティングキーボード」がiPad miniのサイズ感と完璧にマッチしているから。まるで両手でiPhoneを2つ使ってるような感覚です。

ついついiPhoneだけで仕事の連絡を済ませてしまうのと同じで、ついついくつろいだまま作業してしまうのです。iPad Proの時はすぐじれったくなってMacに切り替えていたのに、本当に不思議。やっぱり小さいって正義なんだなと痛感しました。

デスクの上で絵を描いたりがっつり動画編集をしたいならiPad Proをオススメしますが、ソファで気楽に使えるタブレットが欲しいなら、iPad miniをオススメしますよ。

20211014_1

iPad mini(第6世代) ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい