iPad mini(第6世代)の凄さは「スイートスポットで楽しめる力」だよね

  • 8,636

  • author 小暮ひさのり
iPad mini(第6世代)の凄さは「スイートスポットで楽しめる力」だよね
Photo: 小暮ひさのり

期待通りのビューワーでした。

先日のApple(アップル)のイベントではiPhoneの新モデルが発表されてたんですけど、そっちの事ほとんど覚えてないくらいには、僕の頭の中はiPad mini一色でした。

期待していたのはビューワーとして。僕、iPad miniにはただその1点のみに特化した存在を求めているんです。

それまでのiPad miniでも十分事足りていたんですけど、サイズは変わらずにminiという素晴らしいサイズ・軽さ・フットワークを持ったまま、画面がデカくなるわけです。ほぼ毎日、iPad miniを持って家の中をフラフラしている僕にとって、iPad mini(第6世代)を買わない理由がありませんでした。

ビューワーとして気持ちよさを感じる

2021-10-13padk00
Photo: 小暮ひさのり

こうして実際に手にしてみたのですが、控えめに言っても最高です

8.3インチ、画面は大きくなったといえど、本当に一回り。でも、旧モデルから比べて画面が縦に長くなったおかげで、ブラウザやメール、メモ、小説など、縦にスクロールして読む系コンテンツの表示領域が増えています

ピクセルで数えるときっと微々たる差なんですけど、ベゼルレスのフルスクリーンになったことで、体感として「あっ、画面広い」って感じるんですよね。こうした視覚効果からも操っているときの気持ちよさや特別感を感じます。

また、縦長比率になったおかげで、横向き時にYouTubeやNetflixの動画はかなり大きく観られるようになりました。そして、このスタイルの動画視聴はステレオスピーカーへの進化が嬉しくなりますねー。

これまでのiPad miniでは「音は鳴れば十分!」とか思っていたんですけど、iPad mini(第6世代)に変えてから「あんなスピーカーで聞いてたのはおかしい」とか思うようになってしまいました(これまでのiPad miniユーザーの方ごめんなさい。でも、本当にステレオスピーカー良いです!)。

おはようから、おやすみまで。いつでも一緒

2021-10-13padk01
Photo: 小暮ひさのり

「不満がないといえば嘘になります」とか、このへんで「転」を入れるほうが説得力が出るんですけど、別に不満ないんですよね

そりゃもっと画面がでかかったり、スピーカーの音質が良いタブレットもあるんですけど、この片手で持てるサイズで、軽さで、画面が広くなって、しかも速いというのは唯一無二の価値。

スマホよりも画面広いくせに、持ち歩きが苦じゃなくて、手持ちでも自分の見やすい位置へと調整できるんです。iPad mini(第6世代)は、この「自分のスイートスポットで楽しめる力」がさらに磨かれたように感じました

朝起きてベッドでスケジュールチェックして、ニュースチェック、Twitter眺めて、朝食食べながらYouTube見て、仕事中ゲーム実況垂れ流して、Twitterして、お昼食べながら電子書籍読んで、Twitterして、ニュースチェックして、仕事しながらYouTube見て、Twitter眺めて、晩ごはん食べて、子供背負って仕事しつつ、ゲーム配信を楽しむのが、僕のiPad mini(第6世代)に与えられた仕事。

「手帳としてこんなにすごい!」とか「お絵かきタブレットとして便利!」

という話を聞くたびに、うちの子はなんて生産性のない使い方をさせられているのだろうか…。と涙が頬をつたいますが、おはようからおやすみまで、風呂以外はずっと一緒なくらい愛しているので、許してくれると信じています。iPhone、触んなくなっちゃったよ

iPad mini(第6世代) ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい