【MacBook Proまとめ】最強モデルが爆誕。M1 Pro/Maxを搭載した14インチ&16インチ「MacBook Pro」 #AppleEvent

  • 48,219

  • author 小暮ひさのり
【MacBook Proまとめ】最強モデルが爆誕。M1 Pro/Maxを搭載した14インチ&16インチ「MacBook Pro」 #AppleEvent
Image: Apple

こいつぁ、Proですよ。

本日発表された新型のMacBook Proシリーズ。前情報だと最強って噂があったけど本当に最強なの? 僕たちは買うべき?

…と、その正体が気になっている方のために、ざっくりと特徴をまとめておいたので、チェックしてみて(悩んで!)くださいね。たぶん3分あれば読めると思うけど、その後たくさん悩むことになると思います。

サイズは14インチと16インチの2種類

dD_bx4Zg
Image: Apple

登場するサイズは2種類。14インチと16インチ、寸法は以下。

14インチ…サイズ1.55×31.26×22.12cm 重量1.6kg

16インチ…サイズ1.68×35.57×24.81cm 重量2.1kg

持ち運ぶならやっぱり14インチだけど、13インチモデルと比べると200g程重くなっていますね。でも、その分パワフルになってます。

プロセッサは「M1 Pro」と「M1 Max」

2021-10-19mack01
Image: Apple

「M1Xでは?」という噂があったプロセッサですが、発表されたのは「M1 Pro」と「M1 Max」という2種類のプロセッサ。性能は「M1 Pro」<「M1 Max」です

メモリ(ユニファイドメモリ)の搭載量も違いがあって、M1 Proでは最大32GB(帯域幅200GB/s以上)、M1 Maxでは最大64GB(帯域幅400GB/s以上)。

外部ディスプレイへは「M1 Pro」が2台「M1 Max」が4台となります。強きを求める方はMax、最高のMax!と覚えておきましょう。詳しい性能比較はこちらをどうぞ。

ディスプレイにはノッチ! 120HzのProMotionに対応ヌルヌルゥ!

Zlhq6X2Q
Image: Apple

まさかのまさか。iPhoneのみならずMacBook Proにもノッチが増えました

その分画面は大きくなっていて、14インチモデルは対角14.2インチ(3,024 x 1,964ピクセル)、16インチモデルは16.2インチ(3,456 x 2,234ピクセル)となっています。パネルはminiLEDバックライトの「Liquid Retina XDRディスプレイ」で、最大120HzのProMotion対応です。きっとスクロールはヌルヌルよ!

SDカード・HDMIポート追加。USB-Cハブを持ち歩かなくてもいいね!

2021-10-19mack02
Image: Apple

側面にはThunderbolt 4ポートを3つ搭載。さらにSDXCカードスロットやHDMIポートなど、汎用性の高いポートが帰ってきました。これでUSB-Cハブを持ち歩かなくても済みそうです…うぅ、おかえりなさい…。

おかえり!MagSafe!

GAdug_bw
Image: Apple

やったよ! MagSafeが高速充電対応の「MagSafe 3」として見事大復活! もう足を引っ掛けて机から落ちるMacBook Proが無くなるのだ…。という平和な世界を想像すると、嬉しくて涙が止まりません。

Webカメラが高画質化。6スピーカーで空間オーディオも対応!

macbook-pro-key-features-camera-202110_GEO_JP
Image: Apple

これも待ち望んでいたアップデート。

Webカメラの画質がちょっと…なMacBookシリーズでしたが、新型MacBook Proで待望の高画質化! 1080pのFaceTime HDカメラになり、ニューラルエンジンでの高画質化処理も乗りました。iMacのFaceTime HDカメラがめちゃくちゃ良かったので、これも楽しみですねー!

2021-10-19mack03
Image: Apple

また、サウンドも大幅アップデート。パワフルな6スピーカーシステムは、空間オーディオ対応。3次元のサラウンドを楽しめるようになりました。

グッバイTouch Bar

OTB4O4tQ
Image: Apple

さようなら、Touch Bar。新MacBook ProシリーズはTouch ID付きのフル物理キーボードになりました。民意

バッテリーは最大21時間。USBアダプターは最大140W

maHBF9qg
Image: Apple

バッテリーは14インチモデルで最大11時間のワイヤレスインターネット、最大17時間のApple TVアプリのムービー再生。16インチモデルでは最大14時間と最大21時間となります。

軽めの処理の場合は旧M1チップのMacBook Proのほうが長持ちしそう(最大17時間と最大20時間)だけど、ハードなクリエイティブ処理がモバイルでできる!ってのがM1 ProやM1 Maxの利点ですしね。エネルギー効率は良いはず。

2021-10-19mack05
Image: Apple

ちなみに、付属する電源アダプタもリニューアルされていて、8コアCPU搭載M1 Proには67Wアダプタが、10コアCPU搭載M1 ProやM1 Maxには96W、16インチモデルにはなんと140Wのアダプタが付属します。140Wて…。

価格は23万9800円から。割とお安い?

というわけで、新型MacBook Pro、これまで僕らが望んできた性能がすべて採用されたパーフェクトモデルな気がします。

気になるお値段は14インチモデルが23万9800円から。16インチモデルが29万9800円からとなります。性能を考えるとお安い…のかも? ちなみに、本日から予約が始まっているので、欲しい方は今すぐ悩んで今すぐポチろう!

Source: Apple

MacBook Pro ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい