サブスクが苦手な人へ:買い切り版のマイクロソフトOffice 2021が便利かも

  • 18,078

  • author Florence Ion - Gizmodo US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
サブスクが苦手な人へ:買い切り版のマイクロソフトOffice 2021が便利かも
Photo: Florence Ion/Gizmodo US

この選択肢が欲しかった!

Windows 11にあわせて、新しくマイクロソフトOffice 2021が登場しました。サブスク版のMicrosoft 365とは別に、買い切り版として「Office Home & Business 2021」、「Office Home & Student 2021 for Mac」などが今週から販売開始されています。

Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)、OneNote(ワンノート)のほか、パッケージによってはWindows PC / Macでも使えるMicrosoft Teamsが含まれます。

211006Office2021subless2
Image: Microsoft
インターフェイスはこんな感じに。

新しいOffice 2021のデザインは、ソフトで丸みのあるWindows 11とうまくマッチしていて、カラーパレットはニュートラル。お馴染みのリボンインターフェイスも健在です。

今回のアップデートには全体的なパフォーマンスの改善が含まれているのですが、特に注目しておきたい点は2つ。1つは、サブスクではなく買い切り版であっても、クラウドベースのMicrosoft 365で得られる機能(リアルタイムでの共同編集、OneDriveサポート、Teamsの共有など)が得られるようになっていること。もう1つは、特にWord(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)がODF(Open Document Format)1.3対応になることが挙げられます。

新しいOffice 2021は、Windows 11Windows 10のほか最新バージョンのmacOSで利用できます。価格、詳しい機能については製品パッケージにより異なるので、どれが自分の使い方に合っているか気になる人は、公式ページをチェックしてみてください。

Source: Microsoft

Office 2021 ほしい?

  • 0
  • 0
Microsoft

シェアする

    あわせて読みたい