サービス精神溢れる500ドルスマホ:TCL 20 Pro 5Gレビュー

  • 5,849

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 福田ミホ
サービス精神溢れる500ドルスマホ:TCL 20 Pro 5Gレビュー
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US

大画面にワイヤレス充電、microSDスロット、トリプルカメラで、500ドル(約5万5000円)ですと…?

TCLから新たなミッドレンジスマホ、TCL 20 Pro 5Gが発売されました。米GizmodoのSam Rutherford記者によれば、500ドルという(最近では)お手頃な価格に対し、ミッドレンジの枠に収まらないようなプラスαがいろいろ入ってるみたいです。以下、レビューをどうぞ!


TCLって今はAlcatelやBlackberry、Palmといったブランドを持ってるし、いろいろ頑張ってるんですが、まだまだTVメーカーのイメージが強いです。特にスマホ市場でApple(アップル)やSamsung(サムスン)の牙城を崩すのは簡単じゃなく、LGでさえ撤退してしまいました。でも、TCLはあきらめず、去年に続いて今年も充実のスマホを仕上げてきました。彼らの最新作、TCL 20 Pro 5Gは、スマホ市場で今一番過小評価されてるんじゃないかってくらい高コスパに仕上がってます。

シュッとしたデザインに機能を詰め込んで

TCL 20 Pro 5Gを見ると、まず6.67インチの曲面ディスプレイと艶やかなメタルフレーム、背面のマットなガラスの美しさに目を奪われます。レンズの出っ張りがなくすっきりしたカメラや、アプリの立ち上げやフラッシュライトなど任意の目的にカスタマイズできる左側面のSmart Keyなんかも良い感じです。でも、なんか既視感がある。ちょっと前のサムスンGalaxy(特にS10とかS20)にそっくり、という指摘もあるかもしれませんが、それでもTCL 20 Pro 5Gらしさが十分で、独自のアイデンティティが感じられます。それにこのレビュー機のブルーが特にキレイで気に入ってるんですけど、スマホで目立ちたくない人はダークグレーを選んでもいいと思います。

TCL 20 Pro 5G

211004_tcl20pro5g2
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US

これは何?:アンロック版のミッドレンジスマホ

価格:500ドル(約5万5000円)

好きなところ:素晴らしいビルド、大きく美しいAMOLEDディスプレイ、ワイヤレス充電、IRブラスター、ヘッドホンジャック、画面内の指紋センサー

好きじゃないところ:5G対応が中途半端、防水じゃない、暗いときの写真はまあまあレベル、スピーカーがモノラル


TCL 20 Pro 5Gに関してデザイン以外ですごいと思うのは、普通にはないプラスα的機能の豊富さです。microSDカードとかヘッドホンジャックもそうだし、ワイヤレス充電もできるし(500ドルのスマホではレア)、画面内の指紋センサーは反応も早く、今やほとんどのスマホメーカーが採用しなくなったIRブラスターまで入ってます。防水防塵性能はIP52なので、特に「2」である防水側はちょっと心もとないですが、まれにパシャっとかかっちゃうくらいはしのげるのかなと思います。

個人的にTCL 20 Pro 5Gになくて残念な唯一の機能は、ステレオスピーカーくらいです。TCL 20 Pro 5Gのスピーカーは、音に厚みのない、でも音量はまあまあなモノラルスピーカーのみです。画面の上部に小さなイヤピースがあって、ここを使えばもっとリッチなステレオサウンドが可能になったんじゃないかと思うとさらに残念なんですが、まあ、完璧なスマホはないということで。

見どころはディスプレイ、動作性能も問題なし

TVで知られるTCLなので、TCL 20 Pro 5Gが価格の割に良いディスプレイを載せてるのは驚きじゃありません。2400×1080・6.67インチのAMOLED画面は最高輝度が700ニト近くと明るく、発色もリッチで鮮やかです。NXTVISION 2.0技術によって、色やトーンが周りの環境やコンテンツに合わせて最適化されるし、色再現性も高く、HDR10にも対応しています。TCL 20 Pro 5Gの画面は、高価なフラッグシップ端末を除けば、モバイルディスプレイのベストかもしれません。

211004_tcl20pro5g3
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US

パフォーマンスに関しては、ベースのRAMは6GB、SoCはSnapdragon 750G 5Gなのですごいってレベルでもないんですが、いろんなアプリやゲームをラグなしで難なく取り回せます。ストレージは256GBで、iPhone 13のベースモデルと比べても2倍だし、microSDカードも入れられます。なので写真でもアプリでも、容量を気にせず入れまくってOKです。

暗い環境での写真は要検討

211004_tcl20pro5g4
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US

TCL 20 Pro 5Gのカメラは、前面が3200万画素のセルフィーカメラ、背面が4800万画素のメインカメラに1600万画素の超広角カメラと200万画素のマクロカメラ、それからポートレート撮影をサポートするための200万画素の深度カメラとなってます。日々使うカメラとしてはマクロカメラより望遠のほうがうれしいんですが、ミッドレンジなのでちゃんとした望遠レンズが入ってないのはしょうがないかなと思えます。

大事なのは、TCL 20 Pro 5Gの写真の画質はかなりちゃんとしてて、特に明るい光の中ではフォーカスはくっきり、色も明るいってことです。Google(グーグル)Pixel 5(カメラはPixel 5aと同じ)との撮り比べでも、日中の写真ならTCL 20 Pro 5Gはちゃんとついていけてました。実際ニューヨークの壁画アートの写真では、TCL 20 Pro 5Gのほうが良いと思えたくらいです。たしかにPixel 5のほうが影やディテールは捉えられてるんですが、編集しない状態では、Pixel 5での暗めの露出はTCL 20 Pro 5Gに比べてきれいでもないし映えもしないです。

以下、TCL 20 Pro 5GとPixel 5の撮り比べを見てみてください。

211004_tcl20pro5g5
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US


211004_tcl20pro5g6
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US


211004_tcl20pro5g7
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US


211004_tcl20pro5g8
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US


211004_tcl20pro5g9
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US


211004_tcl20pro5g10
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US


211004_tcl20pro5g11
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US


暗めの環境での写真になると、TCL 20 Pro 5Gのカメラはまだまだ要改善です。一応ナイトモードがあるんですが、それがオンでもオフでも常に暗めで粒子粗めです。完全に使えないってほどじゃないんですが、夜に撮るときは手ブレでボケないように頑張らなきゃいけませんでした。TCL 20 Pro 5Gで夜に撮ると露出不足気味になるので、ナイトモードに頼ることが多くなってました。

5Gはまあまあ、ただしキャリアによる

211004_tcl20pro5g12
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US

TCL 20 Pro 5Gは名前に「5G」が入ってはいるものの、実際に5Gが使えるかどうかはキャリア次第になります。まずTCL 20 Pro 5Gでは、5Gの帯域の中でもより高速なミリ波帯をサポートしてません。また今後5Gには新たな帯域・Cバンドも加わりますが、こちらもTCL 20 Pro 5Gは対応しません。なのでTCL 20 Pro 5Gは米国キャリアでいえば、sub-6GHz帯に強いT-Mobileを使ってる人にベストで、AT&TとかVerizonはそれほどでもないことになります。とはいえ日本の5Gは当面sub-6GHzが中心になりそうなので、今使う分にはあまり問題ないかと思います。

バッテリーも善戦

211004_tcl20pro5g13
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US

TCL 20 Pro 5Gのバッテリー容量は4,500mAhで、動画再生テストでは14時間27分という好結果でした。ただしこの結果は、iPhone 13 miniの13時間42分とか、Galaxy A52 5Gの12時間53分より長いんですが、最大のライバルであるPixel 5aの18時間18分には大きく水をあけられてます。でも、Pixel 5aはワイヤレス充電非対応なのに対し、TCL 20 Pro 5Gは対応してるので、バッテリー持ちの弱点をカバーしてるともいえます。

素晴らしきミッドレンジ

TCL 20 Pro 5Gは500ドルという価格帯では他にありえないほどの特長を詰め込み、外観にもプレミアム感があります。エッジが丸みを帯びた大きなAMOLEDディスプレイ搭載のTCL 20 Pro 5Gは、見た目も感触もまるでGalaxy S20のお手頃バージョンのようです。あ、もちろんすごく良い意味で。

211004_tcl20pro5g14
Image: Sam Rutherford – Gizmodo US

でも、ミッドレンジスマホの中では、僕はやっぱり450ドル(約5万円)のPixel 5aのほうが良いと思います。Pixel 5aのほうが安いし、カメラもベターで、ソフトウェアも素晴らしくできてるし、アップデートの保証期間も3年間(TCL 20 Pro 5Gは2年間)です。

それでもTCL 20 Pro 5Gは、Pixel 5aの良きライバル以上の存在です。そんなにお金をかけたくはないけど、ちょっぴり特別感もあるスマホがいいなって人にとって、TCL 20 Pro 5Gはすごく良いオルタナティブになるはずです。

TCL 20 Pro 5G ほしい?

  • 0
  • 0
TCL

シェアする

    あわせて読みたい