初心者がエリートランナー向け高機能シューズを履いたら走りが変わった:MIZUNO WAVE REBELLION

  • 5,509

  • author 山田ちとら
初心者がエリートランナー向け高機能シューズを履いたら走りが変わった:MIZUNO WAVE REBELLION

絶好のランニングシーズン到来!

ランニングはいつでもどこでも始められる手軽さが魅力ですし、ソーシャルディスタンスを保てるスポーツとしての人気も上々。かく言う筆者もコロナ禍で運動不足解消のためにランニングを始めた初心者です。

そして、初心者なりに悩んでいるのがシューズの選び方

シューズってランニングに必要なたったひとつのガジェットだと思うんですよ。シューズが走りに直結するからこそ選び方が重要なんですが、選択肢がありすぎたり、そもそも選ぶ基準がよくわからなくて悩んでしまうことも。

たとえばです。とても気になるシューズがあったとして、それが「マラソンを3時間以内に走り切れるほど優秀なランナー」向けだったとしたら、果たしてマラソンを完走したことすらない初心者が履いてもいいものなんでしょうか?

MIZUNO WAVE REBELLION(ミズノ ウェーブリベリオン)

Photo: 山田ちとら

これはなに?:ミズノのマラソン3時間切を目指すエリートランナー向けスピードシューズ。

お値段:1万9,800円(税込)

好きなところ:抜群の安定性。軽いため脚に疲労が溜まりにくく、長距離ランニングに最適。接地面とのひっかかりがよく、蹴り出しやすい。お値段もリーズナブル(ハイエンドシューズとしては)!

好きじゃないところ:サイズ合わせが難しい。自分の足にぴったりなサイズを探すにはまず店頭で試着してからの購入をおすすめします。カラバリももっとほしい。

ありがたきことかな、シューズをご提供いただく幸運に恵まれたので、さっそく履いてみた感想をお届けします。

ミズノ渾身のスピードシューズ

左から:メンズカラーのブルー、メンズカラーのブラック、ウィメンズカラーのピンク
Image: ミズノ

WAVE REBELLION」は、ミズノ独自の素材と技術を詰め込んだシリアスランナー向けの高機能シューズです。主だった特徴は、高い反発性と安定性を兼ね備えていること。

ここ最近マラソン界を席巻している厚底シューズとは一線を画した作りで、剛性の高いソールを採用しています。そのおかげで、着地時に地面の感触が直に足裏に伝わってきて、安定感がありました。この安定性のおかげで、長距離ランでもフォームが崩れにくい利点も。

211021_mizunowaverebellion_frontview
アッパーには通気性がよく、軽くてなめらかなエンジニアードメッシュ素材が使われています


211021_mizunowaverebellion_backview
白い部分が高反発ソール素材「MIZUNO ENERZY LITE」。ミッドソール全体に使われています


211021_mizunowaverebellion_sideview
厚底に見えますが、履いた感触はまったくフワフワしてません。剛性が高いウエーブプレートがソール全面に入っているため、接地面と足裏との融和性が高く、すばらしい安定感。


つま先が上向きに反っているので、体重移動がよりスムーズに行えて、次の一歩を蹴り出しやすくなっているのもスピードを出しやすい要因なのかもしれません。

軽さが成せる技

そして、めちゃくちゃ軽い

サイズにもよりますが、重さは235グラムぐらいしかありません。脚を蹴り出しやすいのはもちろんのこと、足先に疲労が溜まりにくいので、長距離ランの苦しさが軽減されるように感じました。

試しにトレッドミルで時速9kmから13kmまで徐々にスピードを上げながらビルドアップ走をしてみたところ、速度・ピッチの両方を上げた状態でも脚のスイングが衰えにくかったです。

まったく新しい反発力

もうひとつすごいなと思ったのがソール部分。靴底の溝がひとつずつ独立して、進行方向に対して垂直に波形を描いています。この特殊な樹脂を分割配列した「G3ソール」もミズノ独自のイノベーションで、軽量化するとともにグリップを高めているそうです。

実際に履いてみたところ、バネのような作用を持つ厚底シューズとは違う、まったく新しい反発力を感じました。接地面との引っかかりがよく、地面をしっかりと蹴って前へ進んで行けます。

くつ下のようななめらかさ

アッパー素材はシームレスな作りで、まるでくつ下のようになめらか。通気性もよく、10〜20km程度のランならまったくムレを感じませんでした。

シューズ選びについてミズノに聞いてみた

というわけで、初心者が上級者向けのシューズを履いてみても収穫はそれなりに大きいものでした。

でも、ひょっとしたらシューズの本当の良さを活かせていなんじゃないかな?と心配になったので、神田にあるMIZUNO TOKYOでランニングシューズの選び方について伺いました。

ランニングシューズ選びのポイント:

・ランニングフォームに合っているか?

・足、脚の筋肉量に合っているか?

・目指すタイムに合っているか?

たとえば「WAVE REBELLION」の特徴として「ソールが硬い=スピードが出しやすい」メリットがありますが、それだけ足に負担をかけてしまうので足裏・足甲の筋肉量が鍛えられていないと扱いにくいそうです。なるほど!

筋肉量を補うために厚底の高反発シューズを使うのも手ですし、またあえてクッション性や反発性が低いシューズを選んでひたすら足を鍛えるというストイックなオプションも。

それと、シューズ選びに関して一番大切なのは実際履いてみることだそうです。足の形は人それぞれだし、同じメーカーのシューズでも型番によって微妙にサイズが異なる場合もあるそうなので、まずは店頭で足を入れてみてフィット感を確かめてから購入するのがベストですね。

実際、筆者がお借りしていた「WAVE REBELLION」はサイズが大きすぎたことが判明…。ちなみに上手なシューズの履き方についても伺ったところ、

1. 足を入れ、かかとをトントン!とやや強めに何度か地面に打ちつけて、足をシューズのかかと部分にぴったりと寄せる

2. 面倒でも毎回靴ひもをつま先の方から順に締めなおす

これで靴ずれとは無縁になれるそうですよ!

一歩ずつ前へ、前へと踏み出す推進力

ランニングを続けて1年半。これまでいろんなランニングシューズにお世話になってきましたが、「MIZUNO WAVE REBELLION」は地に足をつけるっていうんでしょうか(文字どおりですが…)、強力なグリップで地面を自分の方へと引きつけつつ、もう一方の脚を軽やかに蹴り出して前へ、また前へと進んでいく、そんなシューズでした。あくまで素人目線ですけど。

筆者の場合、「WAVE REBELLION」のおかげで長距離走への心理的不安をいくらか和らげることができたように思います。さらに、スピード感を得られたことによって「苦しいだけじゃないんだ!」とランニングの楽しさを再発見できたようにも思います。

そして、もちろん本番用にも。これから大事なレースを控えている人にもおすすめしたい、一緒に成長していけるシューズです。

Photos: ミズノ, 山田ちとら
Reference: ミズノ

WAVE REBELLION ほしい?

  • 0
  • 0
MIZUNO

シェアする

    あわせて読みたい