Nintendo Switch(有機ELモデル)が本日発売! 旧Switchと比べてみた

  • 61,276

  • author ヤマダユウス型
Nintendo Switch(有機ELモデル)が本日発売! 旧Switchと比べてみた
Photo: ヤマダユウス型

画面、綺麗。

ディスプレイが有機ELになった「Nintendo Switch(有機ELモデル)」が、2021年10月8日(金)に発売されました。希望小売価格は税込み3万7980円。

これで、通常のNintendo Switch、小型軽量なNintendo Switch Liteと、合計3つのスイッチがラインナップしたことになります。それぞれどう違っているのか、写真で比較していきましょう。

211008switchel_02
Photo: ヤマダユウス型

上から順に、Lite、通常スイッチ、有機EL。写真ではわかりにくいですが、画面輝度やコントラスト、文字のシャープさに違いを感じますね。Liteだけサイズが違うので、ここからは通常モデルと比較していきます。

211008switchel_03
Photo: ヤマダユウス型

ディスプレイだけの状態。本体サイズはほぼ同じですが、ベゼルの太さが明らかに違いますね! 通常モデルのディスプレイサイズは6.2インチ、有機ELは7.0インチ。この違いは「おぉ、広い」と、直感的に実感できるほどです。

211008switchel_04
Photo: ヤマダユウス型

ディスプレイ下部。通常モデルには凹みがありましたが、有機ELにはありません。筐体グリルの素材もツヤ感のあるものに変わっています。発色の良い有機EL画面と調和させるために変えたのかな。

211008switchel_05
Photo: ヤマダユウス型
通常モデルの液晶

iPhone 13 Proのマクロ撮影で寄ってみました。こちらは通常モデルなので液晶画面のドット。

211008switchel_06
Photo: ヤマダユウス型
有機ELモデルの液晶

こちらが有機ELのドット。サブピクセルのRGBがぼやけずによく見えます。ちなみに両モデルとも解像度は同じ720pですが、レビューによると1時間プレイしてもその違いは気にならなかったとのこと。

211008switchel_07
Photo: ヤマダユウス型
上が有機ELモデル、下が通常モデル

天板部分。放熱板のスリット、ボタンやカバーの形状などに違いがあります。音量ボタンのプラスマイナスが横に広くなったので、操作しやすいと感じました。

211008switchel_08
Photo: ヤマダユウス型

ここは大きく変化してます、背面部分。有機ELモデルはキックスタンドがめっちゃでかくなった!

211008switchel_09
Photo: ヤマダユウス型

キックスタンドを立てるとこんな感じ。通常モデルのスタンドはこれ以上開きませんが、有機ELモデルは新たに採用した「フリーストップ式」で、およそ170度近く開きます。

211008switchel_10
Image: ギズモード・ジャパン編集部

ほーら、こんなに開く。これなら高い目線から見下ろしてもプレイしやすいし、無段階だからどこでも固定可能。ヒンジもかなり硬く、通常モデルのヤワなスタンドとは比べ物にならないくらいガッシリしてます。こいつは間違いなく良アプデ!

211008switchel_11
Photo: ヤマダユウス型
通常モデル

スピーカーやmicroSDカードの配置も違ってます。通常モデルのスピーカーは背面方向に向いていましたが…。

211008switchel_12
Photo: ヤマダユウス型
有機ELモデル

有機ELモデルでは底面と背面の斜め部分に配置されました。これにより、テーブルモードでプレイした時は接地面の振動を利用してより大きな音を鳴らせます。スピーカー自体も新しくなっており、携帯モードでもクリアなサウンドになるそうな。また、microSDカードスロットは横向きになりました。

ディスプレイが7.0インチへ大型化、有機ELパネルの採用、加えてハード面の細やかな改修。まとめるとこんな変化ですね。特にキックスタンドの改良は素晴らしく、テーブルモードでのストレスがすべて解消されました。ディスプレイが見やすくなったことで、テーブルモードでの遊びやすさはめちゃ向上しましたね〜。

Source: 任天堂

    あわせて読みたい