どっちにする? Pixel 6とPixel 6 Pro、実際に持ってみたかんじをレポートします

  • 44,357

  • author 山田ちとら
どっちにする? Pixel 6とPixel 6 Pro、実際に持ってみたかんじをレポートします

うまく伝わるといいな、このかんじ。

Googleの最新にして最強のスマートフォンが発表されました。Pixel 6Pixel 6 Proはいよいよ10月28日から発売で、価格はPixel 6が7万4800 円(税込)から、Pixel 6 Proが11万6600 円からです。詳しいスペックレビューはこちらもどうぞ。

左がPixel 6 Proの「Stormy Black」、右がPixel 6のイチオシカラーである「Sorta Seafoam」

すでにPixel使ってるよ〜という人も、気になってるんだよね〜という人も。Pixel 6とPixel 6 Pro、買うならどっち?

とはいえ、スペックとお値段だけではなかなか決めにくいもの。毎日手にするものだからこそ、実際持ってみてどれぐらい重いのか、ツルツルなのか、スクリーンが見やすいのかなどが決め手となったりしますよね。

文面だけではなかなか伝わりにくいこれらの「使い勝手」をサクッとお届けしていきたいと思います。

サイズ感:ほぼ一緒!

左がPixel 6 Pro、右がPixel 6

ディスプレイサイズはPixel 6が6.4インチ、Pixel 6 Proが6.7インチ。いちおう6 Proのほうが大きい分だけ3グラム重たいはずなのですが…、

実際持ってみるとほぼ変わりません。サイズ感も、重さもほぼ一緒! 慣れないうちはずっしりと重みを感じます。

質感:Proはツルツル、6は側面のグリップが効いてるかんじ

質感に違いはありました。

Pixel 6 Proはツルッツル

Pixel 6 Proは側面全体がポリッシュ加工になっていてツルッツル。見た目が艶やかできれいなんですが、ケースなしだといつ手から滑り落ちてしまわないか不安でした。これはおそらく、横に雪崩れ込んできている画面のガラスに質感を合わせているんだと思います。

Pixel 6の側面はザラッとしていてグリップが効きます

一方でPixel 6は触ったかんじがちょっとザラッとしたテクスチャー加工となっていて、よりホールド感があります。画面がフラットで質感を変えても問題ないからグリップを優先したのでしょう。好みがわかれそう。

とはいえ、専用のケースを付けちゃえば同じなんですけどね。

カメラ機能:6 Proのズームが圧倒的に優秀

カメラが一番大きな違いかもしれません。

Pixel 6は7倍まで、6 Proは20倍までズームが可能。この20倍の威力がすごかった。

Pixel 6 Proで撮影
Pixel 6 Proで撮影

20倍にズームインしても細部までそれほどボヤけることなくきれいに撮れました。

211027_pixel6comparison_markcity

211027_pixel6comparison_markcitycloseup

Pixel 6 Proの20倍ズームが生きてくるのは、渋谷のどまんなかではなく、むしろ海や山ではないかなと。遠くの梢に止まっている野鳥を撮影したり、沖に浮かぶ遠くの船を撮影したりするのにすごく便利なんじゃないでしょうか。

結論:カメラにこだわりたい人はProがおすすめ

触ってみたかんじ、Pixel 6とPixel 6 Proの大きさ・重さ・デザインなどにそれほどの差異はありませんでした。もっとも差別化されていたのはカメラのズーム機能。そしてお値段の差はほぼ4万円ときています。

4万円を上乗せして、より優秀なカメラ機能が備わったPixel 6 Proを買うか否か。判断はここに尽きるのではないでしょうか。あなたなら、どちらを選ぶ?

Google Pixel 6 発表イベント

Google純正のチップを積んだ新スマホ、Pixel 6の発表が日本時間の10月20日(水)午前2時からスタートします。発表前のウワサからイベント速報、それから...

https://www.gizmodo.jp/issue/pixel-fall-launch

Photos: 山田ちとら
Reference: Google

Pixel 6 / 6 Pro ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい