AcerからIntel第12世代チップ搭載の新デスクトップ「Predator Orion 7000」が発表に

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
AcerからIntel第12世代チップ搭載の新デスクトップ「Predator Orion 7000」が発表に

めちゃパワフル。

Acerが新型デスクトップ「Predator Orion 7000」を発表しました。最大の特徴は、CPUにIntel最新の第12世代チップを搭載すること!

先日開催されたNext@Acer 2021では、ノートPC、Chromebookなど複数の製品が発表されましたが、中でも注目はPredator Orion 7000。Intelの次世代CPU「Alder Lake」=第12世代チップを搭載することで、大きな性能アップは間違いなし。第12世代チップは、シリコンダイのアレンジを新しくしたことで、CPUの高性能コアと低パワーの効率コアの間でのタスク割り振りがより効率的かつ的確になるのだといいます。現時点では第12世代搭載というだけで、Acerに搭載されるCPUモデル(Core i5, Core i7, Core i9など)の選択肢まではわからず。ただ、オーバーロックを可能にするため、アンロック対応チップであることは明らかになっています。

チップはもちろん、スペック全体もかなりパワフル。メモリは最大64GB。GPUは最大Nvidia RTX 3090を選択可能。Wi-Fi 6E対応。USBポートは10個(Type-A, Type-Cどちらもあり)! 容量(SSDs/HDDs)も幅広いオプションが準備されています。

211015acerintel1201
Image: Acer

ゲームマシン想定なだけあって、冷却にも力はいっています。新冷却ファンPredator FrostBlade 2.0搭載、最新のAIO CPU水冷クーラー搭載。どちらも光ります。かつ、ケースがクリアなので、ARGB採用箇所の光がガッツリ見える! マシンの動きをライトアップでも楽しめますね。公式キャッチコピーが「夜のビーコン」ですが、これはまさに光ってこその端末。

現段階では価格は発表されていませんが、予想としては2000ドルから2200ドルあたりかな?

211015acerintel1202
Image: Acer

Next@Acer 2021では、他にもヘッドフォンスタンド・カップホルダー付きのゲーム用デスクや、プロジェクター「GD711」「GM712」、ビジネス向けノートPC「Enduro」「TravelMate」、地球に優しい「Vero」 シリーズが発表されました。


Source: Acer

    あわせて読みたい