これで迷わない。USB Type-Cケーブルの通信速度と給電電力がひと目でわかるロゴ規格が新設

  • 13,078

  • author mayumine
これで迷わない。USB Type-Cケーブルの通信速度と給電電力がひと目でわかるロゴ規格が新設
Image: Business Wire

同じUSBケーブルでも、モノによって性能が違うわけです。

USBケーブルってパッケージから空けて普通に使い始めると、どのケーブルがどの性能だったか、まずわからないし覚えてもないですよね。

そんなわけで、USB技術の支援団体USBインプリメンターズ・フォーラム(USB-IF)は、USB Type-Cケーブルの給電能力を示す新しいロゴ規格を発表しました。「通信速度」と「給電能力」をロゴでわかりやすく明示できるようになり、ケーブルやポートだけでなく、パッケージにも印刷できるものとなっています。現在、最大通信速度は20Gbpsまたは40Gbps、最大給電能力は60Wまたは240Wが規定されています。

USB-IFプレジデント兼最高執行責任者(COO)のジェフ・ラベンクラフト氏は、

今回新しくなったロゴにより、ノートPCからスマートフォン、ディスプレイ、充電器までの消費者向け電子機器の拡大し続けるエコシステムを支えている認定USB-Cケーブルについて、USB4性能とUSBパワーデリバリー機能を消費者が容易に識別できるようになります。

とコメントしています。

ちなみに、今回の新しいロゴは、USB-IFの認証を受けたUSB4/USB PD 3.1ケーブルのみ利用可能で、認証を受けていないケーブルには利用できません。また今回合わせて、認定USB4ロゴもリニューアルされました。

そもそもUSBケーブルの性能なんて気にしたことなんかなかった(私含む)…というそこのあなた、これを機に、今後はひと目でわかる、きちんと認証を受けて性能が良さそうなロゴ付きケーブルを使っても良いかもしれませんね。

Source: BusinessWire, Jiji.com

    あわせて読みたい