LAの「ステイプルズ・センター」が「クリプトドットコム・アリーナ」に改名

  • author そうこ
LAの「ステイプルズ・センター」が「クリプトドットコム・アリーナ」に改名
Image: oneinchpunch / Shutterstock.com

PayPayドームを超えるインパクトある名前。

NBAロサンゼルス・レイカーズなどの本拠地、LAダウンタウンにあるステイプルズ・センター、改名します! 新しい名前はクリプトドットコム・アリーナ(Crypto.com Arena)です。事務用品から暗号通貨へ。

今後20年の命名権を獲得したのは、2016年創業、シンガポールに本社を構える仮想通貨交換所のCrypto.com。ネタ元のLA Timesが入手した情報によれば、命名権は700万ドル(約8億円)超えとのことで、スポーツ関連のネーミング権では史上最大クラス。

ちょっと前まで、まだどこか胡散臭い雰囲気がただよっていた暗号通貨ですが、あっという間にここまできました。コインベースがナスダックに上場したり、大谷翔平選手がFTXのグローバルアンバサダーになったりと、今年の暗号通貨は一般層での話題も大きく、一段と飛躍した年になりましたね。

現ステイプルズ・センターは、1999年の完成以来ずっとステイプルズ・センターの名前だったので、地元の人はもちろん、そこを本拠地とする選手の中にも困惑する声はあるようです。気持ちはわかります。でも、まぁこういうのは慣れですから。

屋内競技場がクリプトドットコム・アリーナとして新ロゴを発表するのは、今年のクリスマス。来年の6月までには、アリーナすべての標識を入れ替える予定です。

Source: LA Times via The Verge

    あわせて読みたい