約12時間使ってもコストは23円。コスパ良好なZIPPOのプラチナ触媒カイロ

  • 19,477

  • Buy
  • author 田中宏和
約12時間使ってもコストは23円。コスパ良好なZIPPOのプラチナ触媒カイロ
Photo: 田中宏和

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

暖かいカイロを「クール」に決める。

長期予報によると、今年の冬も例年どおり寒くなりそうだと言われているし、そろそろ準備しないといけませんね。

というわけで、使い捨てカイロを買い置きしておきたいところです。…でも、ちょっとその前に、ZIPPOオイルを燃料にするプラチナ触媒カイロZIPPO ハンディウォーマー」をチェックしてみませんか?

このカイロ、ただちょっとカッコいいだけの雰囲気アイテムじゃありませんよ。

プラチナ触媒による燃焼

画像
Photo: 田中宏和

ZIPPO ハンディウォーマー」は、揮発した燃料そのものを燃やすZIPPOライターと違って、ZIPPO ハンドウォーマー用バーナーに含まれるプラチナ触媒と燃料が反応する仕組みを利用しています。

反応をスタートさせるために着火する必要はありますが、ライターのように炎が上がることはなく、適正温度で反応し続けてくれるというわけ。

画像
Photo: 田中宏和

ちなみに、このバーナーに含まれているプラチナ触媒は、2シーズンくらいで効果が減ってしまうとのこと。

温度が上がらなくなったと感じたら、交換するようにしましょう。

ランニングコストは悪くない

画像
Photo: 田中宏和

上の画像は、燃料注入用の専用容器。上限ラインいっぱいまで入れると、約12時間の反応時間となります。

ZIPPOオイル355ml缶を購入すると仮定すれば、12時間分の燃料が約26回取れる計算になるので、実勢価格で計算したランニングコストは1回あたり約23円。(※本体代、交換バーナー代を含まず)

つまり、使い捨てカイロと比較しても、そんなに差がないんですよね。

短時間しか使わないときは相応の燃料だけ入れればムダがないし、トータルのコストパフォーマンスも、決して悪くないはず。

冬に備えて、ひとつ持っておいても損はないと思いますよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Photo: 田中宏和

Source: Amazon.co.jp(1, 2, 3

    あわせて読みたい