【Amazonブラックフライデー】「ノートPCのポートが足りない問題」を解決! Ankerのドッキングステーション4選

  • 12,929

  • Buy
  • author 田中宏和
【Amazonブラックフライデー】「ノートPCのポートが足りない問題」を解決! Ankerのドッキングステーション4選
Image: Amazon.co.jp

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ノートPCのポート、足りてますか?

USB-CポートしかないノートPCを使っている人にとって、スピードに優れた有線接続で周辺機器を使いたければ、ドッキングステーション(マルチハブ)は事実上の必須アイテムですよね。

というわけで、コスパに定評のあるAnker製ドッキングステーションを4つほどピックアップしてみました。

サクッと手に入れて、遅延と接続エラーにサヨナラしちゃいましょう。

なお、以下の表示価格は執筆時のものです。変更の可能性がありますので、それぞれの販売ページをご確認ください。

ブラックフライデーでのお買い物をよりお得に!

購入する際はギフト券にチャージして購入すると最大2.5%のポイントバックがあるのでさらにお得。詳細はこちらの記事を要チェック。

ベーシックなUSB-Cドッキングステーション

画像
Image: Amazon.co.jp

Anker PowerExpand 9-in-1 USB-C PD Dock」は、USB 3.0をサポートしているベーシックモデル。

USB PD(Power Delivery)対応USB-Cポートも装備されているので、ノートPC側がUSB PD対応になっているなら、スマホなどを高速充電することもできます。

搭載されているポートは、以下。

  • 充電用USB PD対応USB-Cポート (5Gbps, USB PD 20W) ※映像出力非対応
  • USB-A 3.0 ポート (5Gbps, 5V=1.5A)
  • USB-A 2.0 ポート (480Mbps, 5V=0.5A)
  • イーサネットポート (10/100/1000Mbps)
  • HDMIポート (最大4K (60Hz)) ※DP1.4対応のノートPCで1つのディスプレイに接続した場合
  • ディスプレイポート (最大4K (60Hz) ) ※DP1.4対応のノートPCで1つのディスプレイに接続した場合
  • 3.5mm オーディオジャック

※ディスプレイ出力は、ノートPC側が映像出力に対応している必要あり。

転送速度に関しては、基本的なスペックで十分という人なら、これでほぼほぼ問題ないと思います。

不満のない10Gbps高速転送仕様

画像
Image: Amazon.co.jp

Anker PowerExpand 13-in-1 USB-C Dock」は、USB 3.1(Gen 2)対応のUSB PDポートを装備した、高速転送・充電対応モデル。

残念ながら今回のセール対象外ではあるのですが、お使いのノートPCがミドル・ハイモデルの場合、とりあえずこれを選んでおけば、ほぼほぼ本来の性能を損なうことはないはず。

搭載ポートは、以下。

  • データ転送用 USB-C 3.1 (Gen 2) ポート (10Gbps, 5V=1.5A)
  • PD対応 USB-C 3.1 (Gen 2) ポート (10Gbps, 5V=3A / 9V=2A)
  • データ転送用 USB-A 3.0 ポート (5Gbps, 5V=1.5A)
  • データ転送用 USB-A 3.0 ポート (5Gbps, 5V=0.9A) ×2 ※充電非推奨
  • SDカードスロット (SD 3.0 UHS-I 対応)
  • microSDカードスロット (SD 3.0 UHS-I 対応)
  • イーサネットポート (10/100/1000Mbps)
  • HDMI 2.0 ポート×2
  • ディスプレイポート (DP 1.4 ポート)
  • 3.5mm オーディオジャック

比較的新しいノートPCを使っている人はもちろん、ミラーレス一眼カメラなどでSDカードを扱う人も、こちらを押さえておきたいですね。

Thunderbolt 3搭載の40Gbps高速転送仕様

画像
Image: Amazon.co.jp

Thunderbolt 3を搭載したハイクラス仕様が、「Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock」。

ノートPCがThunderbolt 3搭載機の場合、スペックダウンすることなく、ストレスのない40Gbpsデータ転送に対応できます。

後方互換も確保。転送速度はPC側のスペックに依存するものの、USB-Cポートさえあれば問題なく使用可能になっていますよ。

搭載ポートは、以下。

  • Thunderbolt 3 ポート (40Gbps, 最大出力15W, 5V=3A)
  • PD対応USB-C 3.1 (Gen 2) ポート (10Gbps, 5V=3A / 9V=2A)
  • データ転送用USB-C 3.1 (Gen 2) ポート (10Gbps, 5V=0.9A) ※充電非対応
  • USB-A 3.0 ポート (5Gbps, 5V=1.5A)
  • データ転送用USB-A 3.0 ポート (5Gbps, 5V=0.9A) ×3 ※充電非対応
  • SDカードスロット (SD 4.0 UHS-II)
  • microSDカードスロット (SD 4.0 UHS-II)
  • イーサネットポート (10/100/1000Mbps)
  • HDMI 2.0ポート (最大4K (60Hz))
  • 3.5mmオーディオジャック

これを選んでおけば、ドッキングステーションがボトルネックになって遅くなるという状況は、ほぼ無くなるはずですね。

Thunderbolt 4搭載機専用ハイエンド仕様

画像
Image: Amazon.co.jp

Anker PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」は、Thunderbolt 4を搭載した、文句なしのハイエンド機器

ただし後方互換が確保されておらず、M1搭載MacBookや、Thunderbolt 3を搭載した相当に新しい機種ですら非対応という、尖がった仕様になっているので要注意です。

搭載ポートは、以下。

  • Thunderbolt 4 ポート (40Gbps, 最大出力15W, 8K (30Hz))
  • PD対応 USB-C 3.1 Gen 2 ポート (10 Gbps, 最大出力20W, 9V=2.25A) ※映像出力非対応
  • データ転送用 USB-A 3.1 Gen2 ポート(10Gbps, 5V=0.9A) ×2
  • データ転送用 USB-A 2.0 ポート (480Mbps, 5V=0.9A) ×2
  • イーサネットポート (1Gbps)
  • SDカードスロット (SD 4.0 / UHS-Ⅱ 対応)
  • HDMI 2.0 ポート (4K (60Hz)) ×2
  • 3.5mm オーディオジャック

Thunderbolt 4を搭載した最新鋭のハイエンドPCをせっかく買ったのなら、つなぐドッキングステーションはこれで決まりでしょう。

Image/Source: Amazon.co.jp(1, 2, 3, 4

    あわせて読みたい