アップルが最新デジカメを作ったら、こんなデザインに?

  • 40,427

  • author 塚本直樹
アップルが最新デジカメを作ったら、こんなデザインに?
Image: The Apple Hub

すべすべしてそう

最近はイヤホンやヘッドホンを販売するなど、ますます商品ラインナップを広げるApple(アップル)。そんなアップルが独自イヤホンをデザインしたらこんな感じかも…というコンセプト画像「Apple Camera」が、海外にて公開されています。

なお個人的にはまったく知らなかったのですが、アップルは以前にデジタルカメラを販売したことがあります。1994年に販売された「QuickTake 100」は、35万画素のイメージセンサーを搭載。液晶モニタもEVFもなく、光学ファインダーをのぞいて写真を撮影するシンプル設計でした。なお、製造はコダックが担当していたとのこと。

一方で今回のコンセプト画像では、アップル製品の最新デザインをあちこちから採用しています。シャッターボタンに相当しそうなデジタルクラウンはApple Watchのものですし、スライダースイッチを備えた本体側面はiPhoneのようです。

このようにスマートフォンをデジタルカメラにしてしまおう!というアイデアは、ソニーが以前にイメージセンサーつきレンズ/マウントシステム「QXシリーズ」を販売していましたね。スマートフォンでAPS-C画質の写真撮影が利用できるのは実に新鮮でしたが、あまりに尖りすぎた製品だったせいか、後継モデルは登場せず販売も終了しています。

しかし今のアップルには、AirPodsシリーズで既存のワイヤレスイヤホン市場を一変させただけの技術力があります。日本のデジタルカメラメーカーとタッグを組んで、こんなクールなデジタルカメラを再び投入してくれたら…と、思わず夢見てしまうのは私だけではないはず!

Source: The Apple Hub (Twitter) via iPhoneWired

    あわせて読みたい