M1は関係ないよ。macOS Montereyの文鎮化問題、解決しました

  • 27,838

  • author Jody Serrano - Gizmodo US
  • [原文]
  • 大野恭希
M1は関係ないよ。macOS Montereyの文鎮化問題、解決しました
Screenshot: Jody Serrano/Gizmodo

メジャーアップデートは今も怖いもんですねー。

macOS MontereyへアップデートするとMacがレンガ(文鎮)化して電源をつけることが不可能になる問題が発生していましたが、Apple(アップル)は対処済みであると発表しています。

原因はセキュリティチップの「Apple T2」のファームウェア問題で、影響するモデルは以下の通り。

2018から2020年に発売された13、15、16インチのMacBook Pro

2018から2020年に発売されたRetina搭載の13インチMacBook Air

2018年のMac mini

2019年のMac Pro

2019年のMac Pro ラック型

2019年のiMac Pro

2020年のiMac

修正されたファームウェアは既存のmacOSアップデートに含まれていますが、大事なMacが文鎮化したユーザーはAppleのサポートへ連絡して解決しなければなりません。

Apple T2搭載Macを使っていて、まだアップデートしていないユーザーは、Macが死ぬことを心配する必要はなくなったので朗報でしょうか。

M1系チップ搭載Macの文鎮化報告はありませんので、ご心配なきよう。

    あわせて読みたい