AppleストアのAppleマークが赤くなっている…! その謎を探るべく我々は表参道へ向かった

  • 19,694

  • author 三浦一紀
AppleストアのAppleマークが赤くなっている…! その謎を探るべく我々は表参道へ向かった
Photo: 三浦一紀

赤いりんごに、くちびるよせて…。

11月29日未明、我々の元に連絡が入った。どうやら、Appleストア表参道の様子がいつもと違うという。何が起こっているというのか。何かの前触れなのか…。我々は急いで表参道へ向かった。そこで目にしたものとは…?

Appleストアのロゴマークが、赤い!

211130AppleAIDSday-01_1280
Photo: 三浦一紀

Appleストア表参道の前にたどり着いた我々は、しばし呆然とした。なんと、店内にあるあの神々しく光るAppleマークが、赤くなっているのだ! 一体これはどういうことなのだろうか。店内にいる、やはり赤いポロシャツを着たショップスタッフに尋ねてみた。

あ、この赤ですか? 実は明日からワールドエイズデーということで、その啓蒙のために店舗内を赤強めにしているんですよ。

とのこと。どうやらワールドエイズデーの一環ということらしい。

世界エイズデー(World AIDS Day:12月1日)は、世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定したもので、毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。(引用元:厚生労働省

211130AppleAIDSday-03
Photo: 三浦一紀

そういえば、ガラスの壁には(PRODUCT)REDのシールとメッセージが貼られているし、店内も心なしか赤い製品が目立つような気がする。

211130AppleAIDSday-04
Photo: 三浦一紀

Appleの主な(PRODUCT)REDの製品は、iPhone 13シリーズとそのケース、Apple Watchとそのベルト、AirTag用ケース、Beats Solo 3 Wirelessヘッドフォンなどがある。スタッフは主な(PRODUCT)RED製品をトレイに乗せて見せてくれた。

211130AppleAIDSday-05
Photo: 三浦一紀

そのスタッフの胸元を見ると、そこには(PRODUCT)REDのバッジが。これは欲しい…。もちろん関係者以外はもらえないようだが…。

211130AppleAIDSday-06
Photo: 三浦一紀

(PRODUCT)REDのApple製品を見てエイズについて考えよう

211130AppleAIDSday-07
Photo: 三浦一紀

ひとしきりAppleの(PRODUCT)RED製品を堪能した我々は、編集部へ戻ってきた。いつもは「赤くてかっこいいなー」くらいの認識だった(PRODUCT)REDだが、ワールドエイズデーについて考えるよい機会となった。

店舗が赤く染まっているのは、都内では銀座、新宿、表参道。それ以外は福岡天神、心斎橋。

これからAppleストアに訪れる予定のある人は、ぜひ真っ赤なAppleマークを、そして(PRODUCT)RED製品を見て、エイズについて今一度考えてみるといいだろう。

Source: Apple, 厚生労働省

    あわせて読みたい