Apple製品におすすめのワイヤレス充電器3選。iPhoneやApple Watchも置くだけ充電!

  • 19,586

Apple製品におすすめのワイヤレス充電器3選。iPhoneやApple Watchも置くだけ充電!
Photo: Sarah Kobos

そろそろ、買いますか。

新しいデバイスが増えるたびに充電器が増えて、気づいたらデスク周りがコードだらけになっていませんか? もしあなたがAppleユーザーなら、マルチデバイス対応の最新のワイヤレス充電器がその悩みを一発解決してくれるかもしれません。そこで今回はレビュー専門サイトWirecutterが厳選した「最高のAppleワイヤレス充電器」をご紹介します!


Appleのエコシステムを活用している方の中には、iPhoneだけでなくApple WatchやAirPodsなど、複数のApple製品をお持ちの方も多いのでは? その3つを一度に充電したいなら、マルチデバイス向けのワイヤレス充電ステーションがおすすめ。中でもiPhone11以前の機種をお使いの方におすすめなのはMophieの3-in-1Wireless Charging Stand。あらゆるAppleデバイス(MacBookとiPadは除く)に高速ワイヤレス充電を提供。価格に見合った使いやすいデザインも魅力です。 iPhone 12以降の製品をお使いの方には、MagSafe充電やマウントシステムに対応した製品も紹介していますので、是非ご覧ください。

おすすめNo.1の三位一体型充電スタンド:Mophie 3-in-1 Wireless Charging Stand

2-1
Image: Wirecutter

MagSafe非対応のiPhone、Apple Watch、AirPodsに最適な3in1充電スタンド。スタンドタイプのiPhone充電器はもちろん、AirPodsをケースごとセットするためのくぼにみがあるなど使いやすさ抜群。 Apple Watchも横向きOKでナイトスタンドモードやアラーム機能を使用するには最適です。


iPhone(8から13)とApple Watch、AirPods を同時に充電したいなら、Mophieの3-in-1Wireless Charging Standが最適アイテムです。多くの充電器がフラットパッド式を採用するなか、これは角度のついたスタンド式で位置合わせも簡単。AirPodsはケースごとフィットし、Apple Watchはディスプレイを横向きに置けるのでナイトスタンドモードに最適です。充電スピードもMagSafe非搭載の充電ステーションとしては最速レベルで、この価格帯では類を見ないほど高機能がバランスよくそろっています。

iPhone 12以降におすすめのMagSafe搭載充電器:Belkin Boost Charge Pro 3-in-1

3-1
Photo: Wirecutter

iPhone 12に最適な充電スタンド。このマルチデバイス充電器は使いやすさと外観、そしてスピーディなワイヤレス充電機能を併せ持つ優秀スタンド。対応するのはiPhone 12以降のモデルのみ。


Belkin Boost Charge Pro 3-in-1最大15 WのMagSafe充電機能を搭載。今回テストした中でも使いやすさは抜群でiPhone 12シリーズをお持ちの方には最適なオプションです。外観はフラットパッドともスタンドとも違う、iPhoneが磁器マウント上で「浮く」という独自のスタイル。マグネットでスマホをしっかりホールドするので、ズレてしまう心配もなし。ステンレススチールの支柱はまるで現代アートの彫刻のよう。ACアダプタ同梱で、箱から出してすぐに使えます。充電によってiPhone、Apple Watch、AirPodsに問題が生じた場合でも2年保証つきなので安心です。

コンパクトでポータビリティ抜群!:Apple MagSafe デュアル充電パッド

4
Photo: Wirecutter

旅行や出張が多い方に最適の充電ステーション。iPhoneとApple Watch向けの超ポータブルな充電器で、iPhoneの最大速度で充電してくれます。ただし、3台同時には充電できました。


ナイトスタンドとして使うなら3台同時に充電したいところですが、ポータビリティを重視する場合はApple MagSafeデュアル充電パッドがおすすめです。折りたためば手のひらにおさまるほどコンパクト。MagSafe搭載で、最大14Wの高速充電機能は他のマルチデバイスワイヤレス充電器と比べてもかなり優秀。磁気充電システム採用で「スマホがずれて充電できてなかった!」という心配もありません。 ただ、充電スポットは2カ所のみ(iPhone・AirPodsケース兼用、Apple Watch用)で、電源アダプタも付属していません。最速の充電スピードに必要な20Wのアダプタを追加購入するとさらに2,000円ほどかかります。

ワイヤレス充電器のデメリット

ワイヤレス充電器のスピードは有線の充電にかないません。USB-C–Lightningケーブルに安価な有線の20W USB-PD充電器を組み合わせるだけで、最速のワイヤレス充電より3割増しで高速充電が可能です。ワイヤレスはあくまでもスピードではなく利便性重視なのです。

ワイヤレス充電のもう1つの欠点は、充電中にスマホを手に取って使用できないこと。そうなるとNetflixを見ているときやTwitterをスクロールする時よりも、夜寝ている間、もしくはキッチンやデスクで「ディスプレイだけ見えていればいい」という時のほうが充電に適していることになります。

Apple「MagSafe充電と磁器マウントシステム」で新たな一歩へ

2017年後半、Appleはワイヤレス充電器AirPowerを発表。Appleユーザーは色めき立ちました。フラットなデザインの充電器は、iPhoneだけでなくApple WatchやAirPodsを一度に充電できる優れもの。…になるはずだったのですが、Appleは2019年にこのプロジェクトを撤回しています。

そして2020年、AppleはiPhone12シリーズのラインナップに、MagSafe充電および磁器マウントシステムを導入。スマホ内部の磁石を使用し、他のQi充電器の7Wを圧倒する最大15Wでの充電を実現しました。この磁石には「位置合わせ」の役目もあり、「スマホがズレて充電できてなかった!」という事態を防いでくれます。MagSafe以外にも磁気充電器はありますが、やはりスピードの面でMagSafe には劣ります。

おすすめナンバーワンの三位一体型充電スタンド:Mophie 3-in-1 Wireless Charging Stand

5
Photo: Sarah Kobos

Mophieの3-in-1Wireless Charging StandはQiワイヤレス充電対応のiPhone(8から13)、Apple Watch、AirPodsを同時に充電したい方に最適のオプションです。他製品に負けない充電スピードを誇り、スタンド式のスマホホルダーと十字型のくぼみで各種デバイスをしっかりホールド。行き届いたデザインでデバイスの位置調整も簡単です。Apple Watchも横置きできるので、目覚まし時計として使う場合も便利。

シングルデバイス用Qi充電器をテストした際に感じたのは、スマホがズレにくくて充電中も画面が見やすいため、スマホの充電にはスタンド型がおすすめだということ。マルチデバイス充電にスタンド型を取り入れたパイオニアといえば、Mophie 3-in-1 Wireless Charging StandとLogitech Powered 3-in-1 Dockです。夜間や暗い場所を含め、毎日利用するにはスタンド型がとても便利です。

6
Photo: Sarah Kobos
AirPods ProとAirPodsのケースにぴったりサイズのゴム製ディボット

スマホ充電器の右側にはApple Watch用充電器、左側にAirPods(Pro)ケースを置ける十字型のくぼみがあります。普通のQi充電スタンドだとAirPodsケースを平らな面に置いたり、くぼみがあっても安定感がないものも多いのですが、本製品はケースがぴったりはまってくれるので、ズレる心配がありません

Apple認定のApple Watch充電器は同社が承認する充電パックを搭載するものに限られますが、Mophieのこのモデルは認定済製品。つまり、このApple Watch充電器はファーストパーティに並ぶ安全性を提供してくれるということ。バンドは閉じていても開いていてもOK。40 mmと44 mm両サイズともにすっぽり収まるので、ナイトスタンドモードのアラームをオフにしようとデジタルクラウンを押しても、ひっくり返ったり落っこちてしまう心配はありません。綿密に設計されているからこその使いやすさです。

スピードは単一デバイス向け製品の方が上

Wirecutterでは数多くのiPhone・Apple Watch用マルチ充電スタンドをテストしてみましたが、やはり充電スピードについては最速のシングルデバイス充電スタンドに並ぶ製品はありませんでした。ただ、マルチ充電スタンドはそもそも夜間充電を想定しているので、充電速度が多少劣っていてもそれほど困らないでしょう。ちなみに本製品では30分間でiPhone12を約26%1時間で50 %充電。Apple Watch SEでは30分で30% 、1時間で50%チャージしました。

Mophie 3-in-1 Wireless Charging Standの充電効率

デバイス30分後のバッテリー容量60分後のバッテリー容量
iPhone 1226%50%
Apple Watch SE30%50%
AirPods Proワイヤレス充電ケース4%20%
AirPods Pro(充電ケース内)76%100%

Mophie充電器は、ベーシックなデザインが特徴。約20cm×10cmのコロンとした長方形のボディは、光沢のあるブラックのプラスチック製。底がゴム製になっていて滑りにくいのはありがたいです。上質素材の重量感はありませんが、パフォーマンスには支障ありません。前面のインジケーターライトは適度な明るさで、充電開始から数秒後に消えます。

背面に差し込む電源コードはMicro-USBやUSB-Cではなく独自の円筒形コードなので、失くしたり故障してしまうと交換が面倒です。

iPhone 12以降にはMagSafe対応製品のBelkinのほうがおすすめ

MagSafeケースを装着したiPhone 12 Proを本製品で充電した際、断続的にトラブルが起きたのでMophieに問い合わせたところ、12シリーズで既知の問題であることが確認されました。すでに同社はiPhoneの問題を解決するファームウェアアップデートを実装済みで、問題があった場合はカスタマーサービスに連絡して交換する必要があります。いずれにしてもiPhone 12のユーザーであれば、Belkinの充電器を入手した方が良さそうです。もしすでにMophieを購入済みで、こうした問題がある場合は交換の手続きをお願いします。それまでの間はMagSafe ケースを外してお使いください。

7
Photo: Sarah Kobos
指紋の付き方がハンパない…。

気になる点

他のモデルと異なり、Mophieの充電器はあくまでiPhoneとApple Watch、AirPodsの組み合わせで使用するデバイスなので、たとえばAirPodsの充電スポットに別のスマホを置いて充電する、ということはできません。

また、光沢感のある表面は指紋がつきやすいのが難点。気になる方はLogitech Powered 3-in-1 DockやBelkin Boost Charge 3-in-1 Wireless Chargerのほうがいいかもしれません。

iPhone 12以降におすすめのスタイリッシュなMagSafe搭載充電器:Belkin Boost Charge Pro 3-in-1

8
Photo: Sarah Kobos

iPhone12シリーズをお持ちの方には、MagSafe を搭載したBelkin Boost Charge Pro 3-in-1をおすすめします。こちらはAppleのMagSafeを搭載した最初の充電器の1つで、今のところ最高の機能を実装したアイテムです。スマホがズレる心配はなく、ワイヤレス充電器としては最高のチャージ速度を実現し、なにより外観がオシャレ。価格はMophieとほぼ同じで、ACアダプタも付属しています。2年間の保証は充電器だけでなく接続されたデバイスにも適用されます。

MagSafeの主なメリットは2つ。ポジショニングが完璧なこと、そして最大15Wの高速充電ができること。本製品はAppleから正式にライセンス供与されているので、その機能をフルに活用することができます。実際、ライセンスのないモデルはフルスピードでの充電はできません。

多くの充電器ではフラットバッドや角度のついたスタンドにスマホを設置してQi充電コイルを覆い隠していますが、Belkinの特徴はなんといっても電話機を空中でホールドするところ。アームの両端についたマグネットがしっかりスマホとApple Watchを支えます。表面は円形のラバー製で、メタル素材のアームとの組み合わせはまるで現代建築のよう。足元にある円形のくぼみにはワイヤレス充電パッドが内蔵され、AirPodsも同時に充電できます。5Wと電力は弱めですが、別のスマホを置くこともできます。

9
Photo: Sarah Kobos
スピードよし、使い勝手よし、見た目よし。

iPhone 12、12 Pro、12 Pro Maxもしくは12 miniをケースなし(もしくはMagSafe 対応ケース)で使用していれば、位置がずれてしまう心配はありませんし、充電中に向きを変えることも可能です。土台がしっかりしているので、充電しながらスマホを操作しても充電器がグラつくことはありませんし、底がゴム製なので充電器からiPhoneを取り外す動作も片手でスッと行なえます。Apple Watch充電部分も同様で、各種バンドにも対応します。

今のところAppleライセンス供与済みで15Wの充電速度をサポートするのは、本製品だけ(Mophie 3-in-1 は最大7.5 Wまで)。ただ、実際のスピードは数字どおり「2倍」とまではいかず、今回のテストでは30分でiPhone 12を0%から平均33%まで、1時間で58%チャージしました(Mophieはそれぞれ26%と50%)。これはApple純正のMagSafeアクセサリーに引けをとらないレベルです。

Boost Charge Pro 3-in-1は機能が充実しているだけでなく、洗練されたデザインも魅力。カラーは黒と白の2種類で、いずれもマット仕上げなのでMophieのように指紋が目立つことはありません。ハイテク機器というよりは現代彫刻といったテイスト。このデザインにデメリットがあるとすれば、インジケーターライトが若干明るい点です。まぶしいと眠れない、という方はマイナスポイントだと感じるかもしれません。

Belkinの2年保証は充電器本体だけでなく接続中のデバイスにも適用され、通常使用で損傷が起きた場合は接続機器の修理・交換費用として最大2,500ドル(約28万円)カバーしてくれるとのこと。保証の範囲が広いのは、本当に安心ですね。

コンパクトでポータビリティ抜群の充電器:Apple MagSafe デュアル充電パッド

10
Photo: Sarah Kobos

ベッド脇で充電するならスタンドタイプが便利ですが、出張や旅行が多い方には 持ち歩きしやすいAppleのMagSafe デュアル充電パッドがおすすめです。この製品はなんといっても最小クラスのサイズ感が特徴。未使用時はさらに半分に折りたためるので、バッグやポケットに入れて手軽に持ち運べます。

AppleのMagSafe充電システム対応なので、iPhone 12、12 Pro、12 mini、12 Pro Maxに高速チャージ。マグネットで位置を固定してくれるので「ズレて充電できない」といった心配はありません。充電スポットは2カ所(iPhoneとAirPodsを同時充電はできない)で、ACアダプタも付属されていないことを考えると比較的高価なオプションだといえますが、これだけ持ち運びしやすい充電器はほかにありません。

他と一線を画すコンパクトサイズで、表面をソフトタッチのゴムでコーティングされた充電パッドはそれぞれ約7cmのコロンとした正方形。使用しないときはさらに小さく折りたため、マグネットがついているのでパチッと閉じられます。ちなみに折りたたむと化粧用のコンパクトと同じくらいのサイズ。 左側のMagSafe式のスマホ充電器は、スマホだけでなくAirPodsやQi対応のデバイスをチャージ可能。右側はApple Watch用で、フラットにもナイトスタンドモードにも対応しています。

11-1
Photo: Sarah Kobos
折りたたむとiPhone 12の半分くらい。

11-2
Photo: Sarah Kobos
いいお値段しますが、必要なUSB電源は付属していません。

もう1つの重要な機能が、MagSafe。磁石でiPhoneの位置を固定し、従来の Qi充電器(Mophieおすすめ製品など)よりも高速充電を実現します。iPhone 12、12 Pro、12 Pro Maxでは最大14W、iPhone 12 miniなら最大12Wの充電をサポートし、WirecutterのテストではMophie 3-in-1よりも圧倒的に速かったです。Apple WatchとiPhone 12を同時に充電したところ、iPhone12は30分で34%、1時間で61%チャージできました。AppleはスタンドアロンのMagSafe スマホ充電器も販売していますが、MagSafe デュアル充電パッドを超える充電速度ではありません。この充電器で古いiPhoneや他のQi互換デバイスも充電できますが、高速充電や磁気アタッチメントといった機能は使えません。

MagSafeデュアル充電パッドの価格は通常130ドル(約1万5000円)ほどですが、ここには20Wアダプタの値段は含まれていません。最速のチャージスピードを得るにはアダプタが必要なので、このアクセサリを購入するとプラス20ドル(約2,300円)ほどかかり、他のおすすめ製品と変わらない価格になります。

充電パッドが他よりも1つ少ないので、果たして購入する価値があるのか、と疑問もあるかと思いますが、これ以外の充電器を持って旅行に行くことはちょっと考えられないので、携帯性を重視する方にはおすすめです。

競合製品をズラリと紹介!

Belkin Boost Charge 3-in-1 Wireless Charger はかつておすすめナンバーワンとして紹介していましたが、AirPod充電ケース用のくぼみはあるものの、サイズと形状があっておらず、位置合わせに少々手間取るのが難点となりました。また、AirPods充電スポットがApple Watch用充電器のすぐ後ろにあるため、ソロループなどを装着しているとAirPodsにあたらないよう注意しなければなりません。

ESR HaloLock 2-in-1マグネティックワイヤレス充電器は充電スペースを2カ所搭載したフラットパッドタイプです。一方はスタンダードなQi充電器、もう一方が磁気式でMagSafe 搭載のiPhoneやケースをホールドしてくれる仕様です。正式にライセンス供与されたMagSafe 充電器ではないので、ご紹介したBelkinやAppleモデルよりはスピードが劣り、他のサードパーティ製磁気充電器と同等です。今回のテストではiPhone 12を30分で22%、1時間で48%チャージしました。Apple Watch用スポットがないので今回のガイドでは上位には入りませんでしたが、18 WのUSB-C電源つきで30ドル(約3,400円)の価格なので、気になる方はチェックしてみてください。

Zens Liberty Wireless Charger Glass Editionは、はじめての「どこに置いてもOK」なワイヤレス充電器でした。Appleが当初AirPowerで提供するとした性能にかなり近いです。クリアなガラス製の表面から16個の充電コイルが見えるという、幾何学的なデザインが特徴。2台のスマホ、また他のQi対応デバイスをどこに置いても充電できるので、ワイヤレス充電最大の欠点ともいえる配置の問題が解消されています。 独自の電源ではなく、USB-Cを使っているのもプラスポイントですが、サイズが大きくて価格が高いというデメリットも(廉価版は表面がガラストップではありません)。充電中はファンの作動音が大きく、45ドル(約5,100円)のアクセサリーを購入しないとApple Watchの充電はできないので、「新しいガジェットに目がない!」という方向きの製品だといえます。

Nomad Base Station Pro のコンセプトはZens Libertyに近いですが、スリムで滑らかなアルミニウムとレザー製の、より洗練されたデザインになっています。約13cm×23cmの表面の下には18個の充電コイルが敷かれており、どこに置いても一度に3台のQi対応デバイスを充電することができます。 Base Station ProはiPhoneなら最大7.5W、他のすべてのデバイスは最大5Wで充電すると発表されており、Apple製品以外では最高速度での充電はできない可能性があります。実際のテストでは全体的にスローな印象で、iPhone 11は30分で約15%、1時間で26%充電できました。ちなみにLG V30は同じ時間でそれぞれ9%と16%チャージという低い値に。Base Station ProはAndroidデバイス向けに最適化されておらず、今後ファームウェアアップデートによって改善されていく可能性もあります。

NomadとパートナーのAiraによると、本製品のポイントはスピードではなく利便性にあるそう。確かにスマホをポイと置くだけで位置を気にせず充電できるのは便利ですが、おすすめ上位機種と比べるとかなり高価なのでコスパがいいとはいえません。そもそも従来の3in1充電器でも配置がそれほど難しいわけではないですし…。今後テクノロジーがさらに進歩し、価格が下がってくれることを願いますが、今のところはどうしても買いたい製品とまでは言えません。

Mophie 3-in-1 Wireless Charging Padもかつてはおすすめ上位機種で、今でも良品の1つです。シンプルでクリーンな美学と、細部へのこだわりがお気に入りポイント。なかでもデバイスが滑りにくいゴム素材やAirPods用のくぼみなどの機能は使いやすいですね。ただやはりフラットタイプよりもスタンド式の方がおすすめしたいところ。ちなみに表面はiPhoneやiPadと同様、指紋が気になりやすい素材です。

Native Union Drop XL Wireless Charger (Watch Edition) は充電面が小さく、テクニカルとは言えない外観です。ニュートラルなグレーのファブリックとゴム素材が、他製品よりも「ガジェット感」を抑えた印象。充電スピードは速いです。位置合わせの明確なマーキングがないためAirPodsはセットしにくいかもしれませんが、それ以外に大きな欠点はありません。

Satech Trio Wireless Charging Padはおすすめ上位機種よりもスピードはやや劣ります。フラットタイプなので、スタンド式よりもスマホを固定しにくく、デスクでも場所を取ります。ただAirPods用のくぼみは使いやすく、折りたたみ式のApple WatchホルダーやUSB-C充電器などユーザーにうれしい機能もついています。

Zens Dual+Watch Aluminum Wireless Charger は、電話を2台同時に充電するのに優れたマルチデバイス充電器です。ただAirPodsケース用のマーキングやくぼみはなく、スマホを正しい位置に置くのに少々手間がかかるかもしれません。

Nomad Base Station Apple Watch Editionはハンサムデザインですが、正しい充電位置がわかりにくく、インジケーターもないので最初は「これほんとに充電されてるの?」と不安になるかもしれません。レザー製の表面はMophie製品のゴム素材と比べて滑りやすいです。かなりミニマルなデザインですが、シンプルな分、使いこなすまで時間がかかるしょう。

STM ChargeTree が登場した時は、100ドル(約1万1000円)以上の充電器のオルタナティブだ! と興奮したのですが、フタを開けてみたらいわゆるブランド替えのジェネリック的な商品だと判明。その後インスタの広告で、少なくとも2つ企業が同じ製品を販売していることがわかりました。それ自体はマイナスポイントではありませんが、ChargeTreeはMFi認定を受けておらず、ACアダプタも付属していないので、総合的におすすめはできない製品です。

※価格など表示内容は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

©2021 WIRECUTTER, INC. A NEW YORK TIMES COMPANY.

    あわせて読みたい