Google NestHubが高度な睡眠トラッキングをローンチ。今は無料だけど、しばらくしたら有料にするよー。

  • 10,174

  • author Florence Ion - Gizmodo US
  • [原文]
  • 中川真知子
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Google NestHubが高度な睡眠トラッキングをローンチ。今は無料だけど、しばらくしたら有料にするよー。
Photo: Andrew Liszewski / Gizmodo US

とりあえず、この良さを知って欲しいのよ。

Googleの画面付きスマートスピーカー「Nest Hub」が、睡眠をトラッキングできるようになったんですって。新機能「Sleep Sensing」は、今はプレビューだから無料なんですが、サブスクリプションサービスなので最終的には月額料金がかかるようになるんですってー。今のうちに使っておこう。

睡眠トラッキングって、スマートウォッチやトラッカーを装着したまま寝るのが主流ですが、誰もがストレスなく時計をつけたまま寝られるわけではありませんよね。(私も夜中に無意識でトラッカーを外していることがありますし…)。

GoogleのNest Hubの魅力は、Project Soliで開発されたレーダー技術を使って睡眠のトラッキングをするところ。寝ている時の、浅い眠り、深い眠り、レム睡眠、覚醒している時間を離れた位置から詳細に読み取って、FitbitやOuraリングをつけて眠った後に表示される解析データと似たものを表示してくれるのだとか。

Googleのブログ記事によれば、「Duration(時間)」と「Quality(質)」の画面で、どの睡眠段階にいたのかが表示されるそう(トップ画像ですね)。パートナーやペットがいびきをかいたり、体温が高い場合は、その旨が統計に組み込まれたり、調整された睡眠エリア外で発生した咳やいびきはタイムラインに「その他の音」として記録されるのがスマートです。

他にも、リラックスができるプレイリストやガイド付き瞑想、リラクゼーションテクニックを提供する人気の瞑想アプリ「Calm」へのアクセスも含まれているんですって。

「Calm」はスマートディスプレイ上で使うことができて、スマホのアプリをひらかなくても、Nest Hubに「瞑想を始めて」と言うだけで、年間70ドル(約8000円)のプレミアムメンバーなら全サービス、無料メンバーならフリーのコンテンツを表示させられるそうです。

2023年の始めに、Sleep SensingはFitbit Premiumと統合される予定なんですって。このプレビューは2022年内は無料とのこと。しばらく使って、気に入ったら有料メンバーに移行してくれたらいいな〜とGoogleは期待しているみたいです。

Google NestHub ほしい?

  • 0
  • 0
Google

シェアする