4Kモニタが3枚使えちゃう。やりすぎな15ポートを備えたUSB-Cハブ

  • 21,050

  • author 塚本直樹
4Kモニタが3枚使えちゃう。やりすぎな15ポートを備えたUSB-Cハブ
Image: Hyper

振り切り感がすごい。

皆さん、MacBook Proの外部ポートに満足していますか? M1 Pro/Maxを搭載したMacBook Pro(2021年モデル)ではHDMIポートやSDカードスロットが復活しましたが、USB-Cポートしか搭載していないという点は過去モデルと変わらず、とも言えます。ときには取り回しに苦労することもあるのではないでしょうか。そんなときにおすすめしたいのが、Hyper15ポートUSB-Cハブ「4K Multi-Display Docking Station」です。

Hyperといえば、スペック重視の尖ったものからユーザビリティを改善してくれるものまで、矢継ぎ早にアクセサリ製品を投入してくる周辺機器メーカー。個人的にも、同社のUSB-Cハブにお世話になったことがあります。

十分すぎるほど多種多様なポートが手に入る

MacBook Proでは周辺機器を接続するために、USB-C変換アダプタを持ち運ぶことになりがちです。あの用途にはこの変換アダプタ、この用途にはこの変換アダプタ…と、無駄に持ち物が増えてしまうことも。

Hyper

さて今回の4K Multi-Display Docking Stationの見どころは…なんといっても背面にずらりと並んだHDMI x 3/DisplayPort x 3の映像出力ポートです。4K解像度/60Hz出力に対応したこれらのポートにより、MacBook Proに同時に3枚もディスプレイを接続可能。クリエイターやゲーマーなら、このトリプルモニタ(+MacBook Pro)を使いこなせることでしょう。3ポートの映像出力をフルに利用するには、MacBook Proへと3本のUSB-Cケーブルを接続する必要がありますが…。

その他には、ギガビットイーサネット、100W USB-C PD x 1、USB-C x 2、USB-A x 3、SDカードスロットとmicroSDカードスロットを搭載

それ以外にも、4K Multi-Display Docking StationをMacBook Proの下に設置することで放熱性能が向上。キーボードに角度がつくことで、タイピングもしやすくなるそうです。製品は2016年〜2021年までの13インチ/14インチ/15インチ/16インチMacBook Proに対応し、WindowsやChromebookマシンでも利用できますよ。

HyperDrive 4K Multi-Display Docking StationはクラウドファンディングサイトのIndiegogoにてプロジェクトが成立しており、記事執筆時点(11月17日)では13〜16インチ対応モデルが149ドル(約1万7000円)、13〜14インチ対応モデルが124ドル(約1万4000円)で入手可能。増殖し続けるMacBook ProのUSB-C変換アダプタに嫌気が差している方には、スッキリと問題を解決できるナイスなソリューションかもしれませんね。

Source: MacRumors via IndieGoGo

4K Multi-Display Docking Station ほしい?

  • 0
  • 0
Hyper

シェアする

    あわせて読みたい