RealForceでもHHKBでもない。静電容量無接点方式スイッチを採用したコンパクトなキーボードが俺の打鍵魂を揺さぶってくる

  • 51,663

  • author 三浦一紀
RealForceでもHHKBでもない。静電容量無接点方式スイッチを採用したコンパクトなキーボードが俺の打鍵魂を揺さぶってくる
Image: アーキサイト

ぐぬぬ、これは欲しいぞ…。

PC用キーボードをキースイッチで大別すると、メンブレンとメカニカル、そして静電容量無接点方式スイッチの3種類になると思います。そのなかでも静電容量無接点方式スイッチは、打鍵感のよさと耐久性の高さで、業務用にも使われる高級スイッチ。

静電容量無接点方式スイッチのキーボードといえば、東プレの「RealForce」シリーズや、PFUの「HHKB」シリーズが有名ですが、そこにニューカマーが現れました。LEOPOLDの「FC660C」シリーズです。

211112LEOPORD-02

キースイッチは東プレ製。キーの押下圧は45g。通常モデルと静音モデルが用意されています。

211112LEOPORD-03

そしてキー配列。一見するとHHKBっぽいんですけど、カーソルキーが標準装備。また、InsertとDeleteキーも用意されています。HHKB使ってみたいけど(英字配列モデルだと)カーソルキーがないからちょっと…、かといってRealForceだと大きいし…、と静電容量無接点方式スイッチのキーボード導入に躊躇していた方。これが正解かもしれませんね。

211112LEOPORD-04
ディップスイッチでキーカスタマイズができる

細かい部分もかなりこだわっていて、スペックを見ている限りかなりよさそう。これは欲しいぞ! 俺のキーボードコレクションに入れたいぞ!!

211112LEOPORD-05
もちろんステップスカルプチャー

価格は通常タイプが2万5800円、静音タイプが2万9800円。通常モデルは黒モデルとグレー+ブルーモデル、静音モデルは黒モデルとグレー+ブルーモデル、アイボリー+グレーモデルがラインアップされています。

キー配列は英語のみとなっているので、日本語配列派の方はごめんなさい。でも英語配列も慣れると使いやすいんで、これを機に変えてみるっていうのはどうですかね?

いやー、静電容量無接点方式スイッチのキーボードの選択肢が増えてうれしいなーーー!!

Image: アーキサイト

Source: アーキサイト(12) via PC Watch

LEOPOLD FC660C ほしい?

  • 0
  • 0
ARCHISITE

シェアする

    あわせて読みたい