浸けておくだけで調理完了。お手頃価格な低温調理器であれこれ作ってみた

  • 10,577

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author junior
浸けておくだけで調理完了。お手頃価格な低温調理器であれこれ作ってみた
Photo: junior

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

時短家電大好き。

筆者は独身一人暮らしのため自炊は気の向いた時のみでした。とはいえコロナ禍で外食も減減ったことで渋々と自炊が増え、現在では電気圧力鍋などのライフハック家電を導入して料理を楽しんでいます。

そんな筆者が次に狙っているのが低温調理器。

ということで今回は姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「Emperor Tamarin」をお借りして、いろいろと料理してみたレポートをお届けします!

自立式で便利

DSCF2884
Photo: junior

クリップ固定が主流な低温調理器ですが「Emperor Tamarin」は自立するのが使い勝手アップの秘密だそう。

クリップ式だと鍋の深さによっては固定できない場合もありますが、自立式であれば最低水位さえあれば利用可能なので使える容器の幅が広がりますよね。

DSCF2887
Photo: junior

自立式ですがクリップも装備されていました。より安定させたい場合には助かりますね。

長
Photo: junior

スイッチ類は4つのボタンのみでシンプルで設定もしやすかったです。

表
Photo: junior

使用中は温度と残り時間を交互に表示してくれます。

浸けておくだけで簡単

DSCF2742
Photo: junior

いざ調理開始。

確認したところ最低水位は9cm必要だそう。写真の筆者保有鍋は深さ13cmほどで、エラーも起きずに無事使えました。

ちなみに「Emperor Tamarin」の出力は1200Wとのことで指定温度のお湯になるのは予想以上に早かったです。

DSCF2758
Photo: junior

レシピを参考に作ってみたのが鶏ハム。中までしっかり火も通っていたので温度管理などはしっかりできていそうですね。

今回初めて低温調理器を使いましたが、多少時間はかかるものの調理中は放置プレイで他のことができるのがメリットだなと改めて確認できました。

大きな容器で同時調理も

DSCF2893
Photo: junior

レシピを調べていると同じ温度で調理できる料理もあったので同時調理にも挑戦してみました。

今回は牛ステーキとチャーシュー、鶏ムネ肉をピックアップ。

DSCF2896
Photo: junior

スイッチオンから数分もすると気泡が現れお湯になってきたのが確認できます。

同時調理の注意点としては同温度でも食材によって調理時間が異なる点です。

本体のタイマー設定は最も時間がかかる食材に合わせつつ、規定時間順に取り出せるようにスマートフォンのアラームやキッチンタイマーなどを活用して熱の入れすぎには注意してください。

DSCF2907
Photo: junior

今回はステーキが最初に調理完了したので、最後にさっと表面をバーナー炙って仕上げ。

香ばしい香りが食欲をくすぐりますね〜。

DSCF2901
Photo: junior

使ったお肉は特売品のお手頃ステーキ肉でしたが、柔らかくジューシーにできました。

調理方法の工夫で何段階もレベルアップした感じなのでコスパも良いですね。

DSCF2904
Photo: junior

こちらは豚チャーシュー。いい色に仕上がってますね!

DSCF2903
Photo: junior

お肉のラストは鶏ムネ肉。

パサつきもなくスパイスの風味でおいしくいただけました。ダイエットや筋トレに励んでいる方にもおすすめ調理法かもしれませんね!

お肉以外も作れる

DSCF2905
Photo: junior

お肉以外で何か作れないかと探したところ、サツマイモも調理できそうでしたので挑戦してみました。

DSCF2916
Photo: junior

サツマイモの甘さは70度前後で酵素の働きが活性化することで得られるそう。

調べた結果、低温だけの長時間加熱では柔らかさが足りないようでしたので、低温後にもう少し高温で追加加熱したりトースターと組み合わせるのが良いそうです。

今回は「Emperor Tamarin」のみで作りましたが、石焼き芋には敵わないものの甘さも感じられるホクホク触感で味わえました。

DSCF2917
Photo: junior

温度管理で変化が楽しめる卵料理にも適しているので、

DSCF2918
Photo: junior

温泉玉子もトロトロな仕上がりに。

DSCF2919
Photo: junior

もう少し高温で使えばプルプルな半熟ゆで卵といった具合。

火力調整が不要なので料理が苦手でも仕上がりに差が出ないのが低温調理器のメリットだと再認識し、料理がさらに楽しくなりましたよ。


1200Wとハイパワーかつコスパ良しな自立型低温調理器「Emperor Tamarin」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaでお得な先行キャンペーンを実施中。

執筆時点では販売予定価格から40%OFFの7,480円(税・送料込)からオーダー可能でした。

プロ級料理を手軽に楽しめるかもしれないので、気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

>> 低温調理器の使いにくいを解消!自立式&1200WのEmperor Tamarin

Source: machi-ya

    あわせて読みたい