粘土から生まれた温冷対応のスタイリッシュ湯たんぽ「Heatbag」

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author kotoha ozawa
粘土から生まれた温冷対応のスタイリッシュ湯たんぽ「Heatbag」
Image : Ostrichpillow JAPAN

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

エアコンって乾燥が苦手…。冷えっ冷えのお布団に入りたくない…。それなら湯たんぽを抱きしめてみませんか?

今さらそんな前時代的なツールなんて、とお思いかもしれませんが今回ご紹介する温冷両用でクッションにもなるHeatbag」を見たら欲しくなるかもしれませんよ。

在宅ワークや就寝時、あるいはリラックスタイムなどにも使える令和時代の湯たんぽを早速チェックしてみましょう!

粘土の力で使いやすく

ostrichpillow_heatbag_heat-release
Image : Ostrichpillow JAPAN

「Heatbag」は冒頭で湯たんぽとして紹介しましたが、既存の湯たんぽと異なり水を一切使用しないのが特長です。

水漏れなどの心配も不要ですし、さらに温冷対応なので寒い時に暖を取るのも夏に涼を得るのにも使えるのが便利そうですね。

heatbag8-2
Image : Ostrichpillow JAPAN

水やお湯の代わりに温かさや冷たさをもたらしてくれるのが芯材に使われている粘土(クレイ)。

この部分が熱や冷気を溜め8層構造の素材を通じて身体に伝えてくれるようですよ。

ezgif.com-gif-maker__1_
Image : Ostrichpillow JAPAN

粘土のコアを持つので硬そうな印象があるかもしれませんが動画のように柔らかく、クッションとしての抱き心地も考慮されているそう。

また良い肌触りを提供するために表面はジャージ素材となっているとのことでした。

heatbag7-2
Image : Ostrichpillow JAPAN

温かくてプニプニした物体なんてずっと抱きしめられそうですね!

自宅でも職場でも手軽に使える

heatbag6-2
Image : Ostrichpillow JAPAN

筆者も湯たんぽを使ったことがありますが毎回のお湯交換が面倒でした。

「Heatbag」であればそんな手間は不要で、中身のヒート&フリーザバッグをレンジで35秒加熱するだけで加熱が完了します。

これだけ手軽なら自宅だけでなく職場でも使えそうなので冷え性には嬉しいポイントです!

heatbag5-2
Image : Ostrichpillow JAPAN

電子レンジ以外ではレトルト食品のようにボイル加熱も可能でした。

自宅では電子レンジの方が圧倒的に便利ですが、キャンプなどでも使える仕様は助かりますね。

heatbag9-2
Image : Ostrichpillow JAPAN

運動後のアイシングや氷枕代わりに使いたい場合は冷凍庫で1時間ほど冷やしましょう。

これからの季節に助かる

heatbag7-2
Image : Ostrichpillow JAPAN

せっかくの眠気も冷えた布団では覚めてしまいますよね。

柔らかく抱き心地も良さそうなので、抱いて眠ればじんわりと身体を温めリラックスした気分で眠れるかも。

湯たんぽのようにお湯が漏れる心配も無いので安心してベッドに持ち込めますよ。

heatbag5-2
Image : Ostrichpillow JAPAN

シンプルデザインでクッションのように使えるので、リビングやソファに置いておいても違和感はなさそう。

冬場は出しっぱなしで抱きっぱなしになるかもしれませんね(笑)。


粘土の力で夏も冬も快適に使える温冷両用湯たんぽ「Heatbag」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得な先行販売を実施中。

執筆時点では販売予定価格から30%OFFの6,800円(税・送料込)からオーダー可能となっていました。

気になった方は下のリンクからチェックしてみてください!

>>クレイの力で夏も冬も快適に!温冷両用クッション「Heatbag」

Source: machi-ya

    あわせて読みたい