ご注文はAIまで。マクドナルドがドライブスルー自動化に向けた実験を開始

  • 5,097

  • author 岡本玄介
ご注文はAIまで。マクドナルドがドライブスルー自動化に向けた実験を開始
Image: Deman / Shutterstock.com

各店舗への導入は数年後らしいですけどね。

ファストフード店のマクドナルドIBMと戦略的提携を結び、ドライブスルーの自動化に向けてAIを導入することになりました。といっても、肉を焼いたりフライを揚げたりするのではなく、ドライブスルーを利用するお客さんの声を聞いて注文を受ける部分のみとのことです。

シカゴの10店舗で実験中

マクドナルドは2019年にAI企業Apprenteを買収し、Apprenteを中心に技術研究部門「McD Tech Lab」を立ち上げてAI技術を開発していました。ですが、今回IBMがそのラボを買収し、すでにシカゴにある10店舗で実証実験を行なっているのだとか。

現状は注文の80%程度を85%の精度で判別可能なのだそうです。もちろん100%がベストですが、おそらく人間がやっても聞き間違いや、聞き取れない場合はあるかと思うので、まずまずの数字じゃないかなと思います。

AIが仕事を奪うわけではない

AIが従業員の仕事を奪うことになりそうな気もしますが、客からメニューについての質問などもあるので、人間が完全に排除されることはありません。人間の作業を楽にするためのAIなので、導入は快く受け入れられているのだとか。お金を受け取って商品を手渡すところも、まだ人間の出番なのかな? と思います。

AIには何かしらのオペレーション・システムが使われることと思いますが、もし名前がMac OSだったら笑っちゃいますね。マックだけに。

Source: CNBC, Nation's Restaurant News via INTERESTING ENGINEERING

    あわせて読みたい