Netflixゲーム、なんだかなぁ…配信サービスの王者として注力してほしいのはそこじゃない

  • 7,171

  • author Brianna Provenzano - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
Netflixゲーム、なんだかなぁ…配信サービスの王者として注力してほしいのはそこじゃない
Photo: Brianna Provenzano - Gizmodo US

あくまで編集部のボヤキとしてお聞きください。

Netflixゲーム、順次配信しているのでもうやってみた人、まだ待っている人、いると思います。どうなんでしょうねぇ?ゲーム。Netflixはゲームも加えることで、動画配信サービストップの座を維持しようとしているようですが、いちユーザーからしたらその狙いがちょっとズレているように感じてしまい…。「Netflixゲーム、なんか違うんだよなぁ」という米Gizmodo編集部のボヤキをお聞きください。


Netflixがゲームをスタート。世間の驚きと騒ぎを横目に見つつ、とりまやってみるかと重い腰をあげたのが先日のこと。

211122netflixgame01
『ストレンジャー・シングス3: ザ・ゲーム』
Photo: Brianna Provenzano - Gizmodo US

まずみんな気になってるのは、ゲームどうなの?ってこと。面白いの?

今配信されているのは5タイトル。『ストレンジャー・シングス: 1984』『ストレンジャー・シングス3: ザ・ゲーム』『シューティング フープス』『カードブラスト』『ティーター』。いずれもAndroid端末はGoogle Playストアから、iOS端末はApp Storeから、ゲームそれぞれのアプリをインストールする必要あり。で、これは5つともなかなか楽しめそう。

『ストレンジャー・シングス: 1984』は、8ビットのRPGでオリジナルシリーズの雰囲気をうまくゲームで再現していると思います。『ストレンジャー・シングス3: ザ・ゲーム』は、実は2019年にリリースされており、ファンの意見は割れるところ。残り3つはNetflixブランドが元というわけではないものの、移動中や待ち時間など暇つぶしには最適なやつ。

結構ゲーム面白そうだな、しっかり作られてるなというのは、実は驚くポイントではなく期待通り。Netflixは今年9月にNight School Studioというゲーム開発会社を買収しており、ゲームへの本気度は十分わかっていましたから。なので、ある程度以上のクオリティのゲームがリリースされても想定内という気持ち。

ゲームの質も、ゲームへの意欲も問題ないなら、何に対して「なんだかなぁ」と思っているのか。それはですね、そもそもの話。なんでNetflixはゲーム進出してきたの!?ってところです。

211122netflixgame02
『ストレンジャー・シングス: 1984』
Photo: Brianna Provenzano - Gizmodo US

Netflixは紛れもなくオンライン動画配信サービスの王です。トップです。間違いない。でも、それはあくまで「今は」という話。トップを走り続けるのは簡単なことではありません。いつ誰に王座を奪われるかわからないというトップならではの不安はあるでしょう。特に怖いのはDisney+。遅れてきた大本命、ものすごい勢いです。なんせ持ってるコンテンツの数、人気が桁違いですから。2024年にはNetflixを追い抜くといわれるほど。Netflixは強敵を前に指をくわえて打つ手なしでは許されません。市場シェアを死守し、株主にも納得してもらうためには戦うのみ。いくら強い敵でも、戦わずして負けるわけにはいかない。側から見ていてもNetflixの必死さはわかります。

で、 2021年今年のNetflixの動きを見ると、戰の武器として選んだのがこれ、ゲームとTikTok。今年3月、Netflixは「Fast Laughs」というプラットフォームを発表しました。TikTokみたいな無限スクロールのインターフェースで、Netflixのコメディなど面白いシーンを見ることができます。そのまま本編にも飛べます。

みんなゲームは大好きです。でも、『シューティング フープス』をプレイするためにサブスク始める、継続するなんて人はいないでしょうに。しかも個別アプリのゲームで。みんなTikTokは大好きです。でも、Netflixコンテンツの15秒プレビューをずっと見たいなんて人はいないでしょうに。

では、Netflixは何に力を入れるべきなのか? どんな武器を磨くべきなのか? 私が思うにそれは「世界」です。もっとインターナショナルに展開していくこと。今でもかなりグローバルですが、もっとそこを強化すべきでは。具体的に言うと、Netflixはアフリカの一部エリアで無料のモバイルプランの提供を始めました。これは配信サービス渋滞中の米国の外で、いち早くユーザーを獲得するのが狙いでしょう。インターナショナルコンテンツでは、今年は『イカゲーム』が世界的大ヒット。幅広いエリア・国に目を向けることで、新たなユーザーだけでなく、まだ世界では見ていない人がいるコンテンツを引くことだってできるのです。こんな面白いコンテンツがある横で、『シューティング フープス』している場合じゃない!

てことで、NetflixにはゲームやTikTok風サービスにかまけているヒマがあったら、もっと世界展開に注力してほしいのにな…。

    あわせて読みたい