Chromebookの盛り上がりって…Google謹製のPixelbookは来年も新登場なしに

  • 5,430

  • author Florence Ion - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
Chromebookの盛り上がりって…Google謹製のPixelbookは来年も新登場なしに
Photo: Alex Cranz(Gizmodo US)

これはいつかきた道?

Chromebookを使い始めてみたよって方、わりと増えてきたでしょうか。でも「絶対にChromebookじゃなきゃ」ってほどのインパクトを実感している人って、どれくらいいるのか? パソコンには中途半端、だけどiPadに勝る使い勝手かと問われると微妙だったりするやもしれません。もしや、もっともその複雑な立ち位置をGoogle(グーグル)が感じ取っていたり…?

実はGoogleが自ら発売したChromebookとしては、もういまから4年前の「Pixelbook」というハイエンドモデルがあって、なかなかのパワーユーザー向け仕様。これからGoogleは、Pixelbookのラインナップも充実させていくんだろうなと期待を抱かせつつ、結局は廉価版に位置づけられる「Pixelbook Go」を出して以降、いまにいたるまで音沙汰なしです。ちまたにはAcer、ASUS、Samsung(サムスン)、HP、Lenovo(レノボ)などなどのメーカーから、多種多彩なモデルが出そろいましたけどね。

このほどTrusted Reviewsは、ロンドンで開催されたQualcomm(クアルコム)のイベントにて、GoogleでChromebookの小売パートナーを統括するChrys Tsolaki氏の談話を紹介。気になるPixelbookの次期モデルについて問われ、Tsolaki氏は、来年中新モデルリリースされる予定はないと明言したそうです。その先については不明らしいので、2023年以降に発売される可能性がないわけではないようですが。

Chromebookをめぐっては、コロナ禍で爆発的に売れたひところの勢いはなく、いま失速気味です。そして、なんとMicrosoft(マイクロソフト)からは、Windows 11の軽量版となるWindows 11SEを搭載した「Surface Laptop SE」が、激安価格で登場予定。これだったら、Chromebookを買うよりは、軽量版でもWindowsマシンがいいかなって心理を突いてきそうです。これって、Linuxを搭載して安い小型ノートPCが出そろいそうになったとき、MicrosoftがWindowsネットブックのブームを起こした昔と似ているような~。

もちろん、いまGoogleは、自社開発チップで好評なPixel 6シリーズ次に注力したいと考えるのが妥当でしょう。もしかすると、再来年に投入される新生Pixelbookには、Google謹製チップが搭載されるのかもしれません。このままPixelbookやChromebookの火が落ち着いてしまう方向にだけはならないことを願いたいですよね。

Source: Trusted Reviews

    あわせて読みたい