Apple製品を自分で修理する時代到来。「Self Service Repair」の衝撃とは

  • 6,886

  • author 塚本直樹
Apple製品を自分で修理する時代到来。「Self Service Repair」の衝撃とは
Image: Apple

大幅な方針変更。

これまで、Apple(アップル)製品の修理ができるのは公式サポートやストア、正規サービスプロバイダに限られていました。しかし2022年からアメリカにて始まる「Self Service Repair」では、なんと個人が部品を入手して修理ができるようになるんです!

私も数多くのApple製品を利用してきましたが、個人的にはディスプレイのガラス割れに何度も遭遇しました。もちろんストアなどに持ち込めば修理はできるのですが、iPhoneのように毎日使うデバイスを修理に出すのは億劫で、そのまま使い続けてしまう…みなさんもそんな経験、あるのではないでしょうか。

Self Service Repairでは、自分でデバイスの修理になれている顧客がApple純正の部品や修理ツールを利用できる、というもの。誰にでも修理をおすすめしているわけではないので、そこはご注意を。修理後に使用済みの部品をリサイクルのために返却すると、購入金額に応じたクレジットがゲットできます。

対象デバイスはiPhone 12/iPhone 13から始まり、第1段階ではディスプレイやバッテリー、カメラなど一般的な部品が提供されます。また来年後半からはそれ以外の修理も可能になり、将来的にはM1チップを搭載したMacなども修理できるようになります

このような動きは、アメリカで盛り上がる「修理する権利」の拡大にこたえたもの、ともいえそうです。Appleは昔から修理するへの姿勢で批判されてい来ましたし、Apple共同創業者のウォズもこの運動を支持していたんですよね。

現時点では、Self Service Repairの価格やアメリカ以外への展開予定は不明。プログラムの開始に関わらず公式や正規サービスプロバイダによる修理も並行して提供されますので、繰り返しになりますがスマートフォンやPCの修理経験がない方は公式サポートの利用をおすすめします。

Source: Apple

Self Service Repair ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい