ゲームエンジンのUnityがハリウッドVFXのWeta Digitalを買収へ

  • author そうこ
ゲームエンジンのUnityがハリウッドVFXのWeta Digitalを買収へ
Image: weta digital

ゲーム世界は止まることを知りません。

ゲームエンジンを開発するUnityが、ハリウッドの視覚効果制作を行うWeta Digitalを買収することが明らかになりました。買収額は現金と株式合わせて16億2500万ドル。日本円で約1800億円超え。Weta Digitalのグラフィックツール、パイプライン、技術、エンジニアリング人材は、Unity傘下となります。

Unityと聞くと、一般消費者にはあまり知られていませんが、ゲーム開発者にはお馴染みのゲームエンジン。iOSからAndroid、LunuxにPlayStationやXboxと幅広いプラットフォームに対応しています。一方で、Weta Digitalは、ビジュアルエフェクトとアニメーションを得意とする制作スタジオで、『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ロード・オブ・ザ・リング』などののVFXを手がけています。ハリウッドのトップクリエイター集団ですね。共同創設者のPeter Jackson氏は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの監督です。

VFXのために自社で開発している様々なツール(髪の毛のモデリングや移動物体のデフォーメーションなど)が、今後Unityのゲームエンジンで活かされることになります。

UnityのJohn Riccitiello CEOは、プレスリリースにて「Weta Digitalのツールとテクノロジーが組み合わさることで、目を見張るような RT3Dコンテンツを構築、編集、配信する全く新しい世代のクリエイターも出てくることでしょう」と語っています。

Weta DigitalのPeter Jacksonはこう語っています。「UnityとWeta Digital が力を合わせることで、あらゆる業界のあらゆるアーティストがWeta Digitalのクリエイティブで強力なツールを生かせるようにするための道を切り開けるでしょう。躍進を目指すクリエイターたちにWeta Digital のテクノロジーを提供することは、まさに世界を変えます」。

買収完了はUnityの2021年度第4四半期中を予定。

ゲーム開発者のみなさんは、今後の展開にけっこうワクワクしているのでは。ちなみに、プレスリリースには「メタバースの未来を形作る」ともあります…。

Source: Unity

    あわせて読みたい