アウトドアの本格撮影に活躍! 身につける一脚スタンドが登場

  • 6,022

  • lifehacker
  • machi-ya
  • Buy
  • author 山田洋路
アウトドアの本格撮影に活躍! 身につける一脚スタンドが登場
Image: provalue

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

仕事や趣味で写真を撮る機会がある方なら、三脚がもうちょっと手軽に扱えたらいいのに…と考えたことがあるかと思います。持ち運びにかさばりますし、セットアップがひと手間です。なんとか解決策はないかと思い悩んでいたところ、その答えをmachi-yaで発見しました!

現在クラウドファンディングを実施している「Steadify」は身に着ける一脚です。装着していれば三脚で手が塞がることがないですし、なにより撮影の準備が素早く完了します。プロダクトの使い方や特徴を見ていきましょう。

スティックを伸ばせば撮影準備完了

970D3034-D9BB-48A8-AF42-05F79BFF4008
Image: provalue

それにしても身体を支点にする一脚とは、ナイス発想です。装着すれば格段に撮影が楽になりそう。撮影ポイントにきたらスティックを伸ばしてカメラを置くだけです。

長さ調整は無段階に行えるため、写しやすい位置でカメラを設置できます。操作は片手でできるほど容易なので、一脚がまるで身体の一部のように扱えるようになるはずです。

シャッターチャンスに強い

35CD84C3-93D2-4F1D-BAEC-7E1658DD6B42
Image: provalue

三脚を手に持った状況では、カメラを手持ちしての撮影も制限されますよね。手ぶらで移動できて瞬時に準備できる「Steadify」は、シャッターチャンスにも強いんです。

三脚持ち運びで生じていた手間とストレスがほぼゼロになるので、撮影がもっともっと楽しくなるんじゃないでしょうか。

バッグへの収まりも良し

1C3E4E1B-C2FC-45CA-9438-E8F014E04316
Image: provalue

薄型デザイン、かつスティックが短くなる設計ということから、バッグへの収まりもいいです。これならバッグに入りきらない三脚に比べて持ち運びに断然有利。省スペースの三脚や一脚もありますが、設置したときに不安定なものも多いです。対して身体に固定する「Steadify」なら、安定性についても申し分ないでしょう。

6117D1FB-B021-416C-964C-18063507F71A
Image: provalue

オプションには“クイックリリースボールヘッド”なるものも用意されていて、この小さなアイテムがあれば、一眼レフを固定したりスタビライザーと組み合わせたりが自在です。

一脚活用の幅が広がる!

D75E1450-CCB4-4FAD-B7F0-515A45BB34D1
Image: provalue

身に着けられるとの利点を活かして、これまで三脚の活用を想定してなかった場面でもカメラを固定した撮影が可能になります。たとえば三脚を立てるスペースのない撮影スポット足場の不安定な岩場車や自転車からの撮影にも「Steadify」が活躍です。

また、一眼レフだけじゃななく双眼鏡やビデオカメラにも使えるみたい。一脚を着用するスタイルが定番化しそうです。


身に着ける一脚「Steadify」は、現在machi-yaにて支援を受け付けています。執筆時点では、machi-ya限定価格①の約26%OFF、31,650円(消費税・送料込み)からオーダー可能な状況です。クイックリリースボールヘッドとポケットクリップが付いたコンプリートmachi-ya限定価格①についても定価の約26%OFF、36,850円(消費税・送料込み)からオーダー可能。本格的な撮影をうんと手軽にしてくれるアイテム、1つ備えておいて損はないんじゃないでしょうか。

プロダクトの魅力をより深く知りたいという方、以下のWebサイトからチェックを!



>>手ぶらで移動、一瞬でセットアップできる一脚「Steadify」


Source: machi-ya

    あわせて読みたい