AirPowerの亡霊再び…長距離充電にも取り組み中?

  • author 塚本直樹
AirPowerの亡霊再び…長距離充電にも取り組み中?
Image: Apple

なんでもいいから売って…。

2019年に計画がポシャったものの、たびたび製品投入が噂されているApple(アップル)のワイヤレス充電器「AirPower」。こちらについて、製品開発が現在も続いているとの情報をBloombergが伝えています。

AirPowerといえば、上画像のようにiPhone、Apple Watch、AirPods充電ケースを一気に充電できるワイヤレス充電器。個人的にはApple WatchとAirPods充電ケースだけ充電できる「MagSafeデュアル充電パッド」を所有しているのですが、やはり「あーiPhoneも一緒に充電できたらな〜」と常々感じています。

今回の報道によれば、Appleは「マルチデバイス対応のワイヤレス充電器」を開発しているとのこと。さらにそれだけでなく、長距離でのワイヤレス充電技術にも取り組んでいるというのです。

長距離ワイヤレス充電は最近盛り上がっている技術で、スマートフォンなどを数m離れた先から、あるいは部屋のどこにいても充電できるというもの。充電器の上にデバイスを置く必要がなくなる、画期的な技術なんです。さらにAppleは、iPhoneからApple WatchやAirPodsが充電できる未来もイメージしていると報じられています。

AirPowerっぽいワイヤレス充電器はすでにXiaomi(シャオミ)から登場していますし、実現不可能ってわけじゃないと思うんですけどね…。デスクの上の混雑がひどくならないうちに、製品が登場してほしいものです。

Source: Bloomberg via 9to5Mac

AirPower ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい