Amazonで即ポチれる! コスパ抜群の優秀キャンプ用品【焚き火台編】

  • 15,201

  • Buy
  • author 山科拓郎
Amazonで即ポチれる! コスパ抜群の優秀キャンプ用品【焚き火台編】
Photo: 山科拓郎

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

純チタンの焼き色が美しい…。

世は空前のキャンプブーム。もはや老若男女に愛されていると言っても過言ではないぐらい、浸透しましたよね。

でも、「興味はあるけど、なかなかトライできない…」という人もまだいらっしゃるはず。その裏には、やはりキャンプギア集めに関する疑問や悩みがあるのではないでしょうか?

かくいう私もそのひとりだったのですが、原付バイク購入を機にソロキャンプ欲がグングン上昇。勢い止まらず、Amazonで買えるギアをまとめてゲットしてテント泊してきました。できる限りコスパ良好&軽量なものをセレクトしたので、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

初回は【焚き火台編】ということで、兵庫県神戸市を拠点とするアウトドアギアブランド・YaeiWorkers (ヤエイ ワーカーズ)の「Titanium mini fire stand スターターキット」をセレクト。ソロキャンプの調理用として、大満足のデキでしたよ。

純チタン採用の焚き火台

P8770192
Photo: 山科拓郎

できればコンパクトにまとめたいキャンプの荷物。ポップなカモフラ柄のオリジナル収納ケースは、収納時でも20×19×0.8cmと非常にコンパクトです。

本体となる焚き火台を含めても、重量は約355g。軽量なチタン製の強みを大いに発揮していますね!

P8770195
Photo: 山科拓郎

気になる中身は写真の通り。本体は複数のパーツに分かれていますが、とてもシンプルな構造です。

今回は使用しませんでしたが、ファイヤースターターを付属させることも可能。ソロキャンプに慣れてきたら、使ってみたいですね。

組み立て超簡単!

P8770210
Photo: 山科拓郎

複雑な組み立ては不要で、プラモデル感覚でパーツを組み合わせるだけで焚き火台が完成します。

P8770213
Photo: 山科拓郎

組立時のサイズは、18×15.3×10cm。非常にコンパクトですが、ひとり分の食材を調理するにはむしろちょうど良い大きさです。

小枝や薪は燃焼が早いので、わりと頻繁にくべてやる必要があります。でも、むしろそれがキャンプの醍醐味と言えるのかも…!

P8770351
Photo: 山科拓郎
今回利用したキャンプ場は、薪が拾い放題でした!

トーチバーナーで即着火!

P8770370
Photo: 山科拓郎

ここでは、複数のキャンプギアを撮影したかったこともあり、時間の関係でトーチバーナーを使用しました。

P8770379-2
Photo: 山科拓郎
この火力を見よ!!

ステーキもしっかり焼ける実力派

P8770455
Photo: 山科拓郎

燃焼効率を考慮したデザインのおかげか、着火まではあっという間!

P8770459
Photo: 山科拓郎

火力も安定していて、鉄板との組み合わせでステーキ肉にいい感じに火を通せました。

100均などで購入した網を上に乗せてやると、クッカーの種類を問わず安定しやすくなるのでオススメですよ。

使用後の美しさにも注目

P8770438
Photo: 山科拓郎

チタン製品ならではの“美しい焼き色”が生まれる点も魅力的な「Titanium mini fire stand スターターキット」。

ソロキャンプ用としてはもちろん、大勢でキャンプを楽しむ際のサブ焚き火台としても重宝すると思います。アウトドアはじめの一歩のお供にいかがでしょうか?

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Photo: 山科拓郎

Source: Amazon.co.jp,YaeiWorkers

    あわせて読みたい