Appleが予測するiPhoneの「次」の未来とは?

  • 17,534

  • author 塚本直樹
Appleが予測するiPhoneの「次」の未来とは?
Image: Marc Bruxelle / Shutterstock.com

やはりXRですか。

2007年に初代iPhoneが登場してから、すでに14年が経ちました。今でもiPhoneはApple(アップル)を代表するプロダクトですが、同社はiPhoneの10年後に「AR(拡張現実)」がくると予測している…のかもしれません。

ちなみに2007年といえば、Windows Vistaがリリースされた年。当時の私は日本の携帯電話こそナンバーワンだと信じており、海外の携帯電話(スマートフォン)を毎年買い換えるようになるとは思ってもいませんでした。そうそう、同じ年に生まれた「初音ミク」さんもWindowsやiPhoneと同じく、今でも元気に活躍しています。

今回のAppleの将来に関する報告は、著名アナリストのミンチー・クオさんが伝えたものです。クオさんによると、まずアップルは2022年に初の「ARヘッドセット」を投入。そして10年後には、ARがiPhoneを置き換える重要な製品に成長すると指摘しています。

さらにARヘッドセットに用いられる絶縁部品「味の素ビルドアップフィルム(ABF)」の需要は、10年後に少なくとも10億個を超えるとのこと。これにより、ABFのサプライヤーであるUnimicronが恩恵を受けるとの予測も伝えています。

Appleといえば、ARプラットフォーム「ARKit」を公開するなど、以前からARには注力している企業です。また新製品発表と同時に、いち早くARで机の上に呼び出せるギミックを公開するなど、すでにARを十分活用しているともいえます。一家に1台、さらには一人ひとりがARヘッドセットを所有し、装着して外出する…そんな未来はやってくるのでしょうか?

Source: 9to5Mac

    あわせて読みたい